国連安保理、シリアへの非難決議案採択にいたらず 菅官房長官「極めて遺憾」

印刷

   米ニューヨークの国連本部で2017年4月12日(現地時間)、安全保障理事会の会合が開かれ、シリアでの化学兵器使用を非難し、シリア政府に調査協力を求める決議案が採決された。アメリカなど欧米が主導したが、ロシアが拒否権を行使したため、採択には至らなかった。

   菅義偉官房長官は13日朝(日本時間)の記者会見で、国連安保理の決議案の否決について「安保理として一致したメッセージを発出できなかったことは極めて遺憾だ。化学兵器の使用はいかなる場合でも許されるものではなく、真相究明に国際社会と連携したい」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中