2018年 11月 16日 (金)

映像作家の松本俊夫さん死去、85歳 「薔薇の葬列」「ドグラ・マグラ」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   実験映画、前衛映画で国際的にも知られた映像作家の松本俊夫(まつもと・としお)さんが2017年4月12日、腸閉塞のため亡くなった。85歳だった。各メディアが報じた。

   映画界きっての理論派で、 九州芸術工科大、京都造形芸術大、日本大学芸術学部研究所などで長く教えた。

  • 松本俊夫さんの作品では、「薔薇の葬列」などが有名だ(画像はアマゾンより)
    松本俊夫さんの作品では、「薔薇の葬列」などが有名だ(画像はアマゾンより)

ピーターさん主演で話題

   1932年、愛知県生まれ。東大文学部卒業。ドキュメンタリーや短編映画、実験映画の製作を続けて、67年に「母たち」でベネチア国際記録映画祭のグランプリ。さらに69年には、ピーター(池畑慎之介)さん主演の「薔薇の葬列」を発表、アングラの雰囲気が漂う新宿を舞台に、ゲイの少年を主人公にした作品が注目された。登場するゲイボーイは本物で、映画監督の篠田正浩さん、藤田敏八さん、デザイナーの粟津潔さんら多数の有名文化人らが友情出演していた。その後も、「修羅」「十六歳の戦争」のほか、奇想の小説家、夢野久作の代表作とされる『ドグラ・マグラ』も映画化した。

   80年から九州芸術工科大、同大学院などで映画理論などを教え、日本映像学会会長も務めた。『映像の発見』『幻視の美学』など映画理論に関する多数の著書がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中