映像作家の松本俊夫さん死去、85歳 「薔薇の葬列」「ドグラ・マグラ」

印刷

   実験映画、前衛映画で国際的にも知られた映像作家の松本俊夫(まつもと・としお)さんが2017年4月12日、腸閉塞のため亡くなった。85歳だった。各メディアが報じた。

   映画界きっての理論派で、 九州芸術工科大、京都造形芸術大、日本大学芸術学部研究所などで長く教えた。

  • 松本俊夫さんの作品では、「薔薇の葬列」などが有名だ(画像はアマゾンより)
    松本俊夫さんの作品では、「薔薇の葬列」などが有名だ(画像はアマゾンより)

ピーターさん主演で話題

   1932年、愛知県生まれ。東大文学部卒業。ドキュメンタリーや短編映画、実験映画の製作を続けて、67年に「母たち」でベネチア国際記録映画祭のグランプリ。さらに69年には、ピーター(池畑慎之介)さん主演の「薔薇の葬列」を発表、アングラの雰囲気が漂う新宿を舞台に、ゲイの少年を主人公にした作品が注目された。登場するゲイボーイは本物で、映画監督の篠田正浩さん、藤田敏八さん、デザイナーの粟津潔さんら多数の有名文化人らが友情出演していた。その後も、「修羅」「十六歳の戦争」のほか、奇想の小説家、夢野久作の代表作とされる『ドグラ・マグラ』も映画化した。

   80年から九州芸術工科大、同大学院などで映画理論などを教え、日本映像学会会長も務めた。『映像の発見』『幻視の美学』など映画理論に関する多数の著書がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中