有料駐輪場の自転車が「撤去された」 そんな「被害」がネットで話題

印刷

   自転車の前輪をロックする形で駐輪できる有料駐輪場が満車だった場合に、他人の車輪のロックを外し移動して、代わりに自分の自転車を駐輪する――そんな被害が福岡市で増えているそうだ、と西日本新聞(本社・福岡市)の記者(デスク)コラムが伝え、話題となっている。

   駐輪場の支払いが2倍になっても自分の駐輪場所を確保する、という手法で、移動された自転車は回収業者が放置自転車として撤去しているという。市の担当者らに話を聞いた。

  • 有料駐輪場も安心できない?(写真はイメージ)
    有料駐輪場も安心できない?(写真はイメージ)

他人の自転車のロックを外し自分の自転車と入れ替える

   西日本新聞が2017年4月7日にネット配信した署名コラムによれば、福岡市が管理する有料駐輪場に止めていた自転車が、放置自転車として撤去されてしまったそうで、「私はきちんと駐輪したのになぜ?」と、撤去された自転車を受け取る際に主張すると、「実はそうした被害が増えていると教えてくれた」。撤去された場合は取り戻すのに2500円の支払いが必要で、「迷惑な話ではないか」と綴っている。各レーンに前輪が自動ロックされ、外すのに100円が必要な機械式の有料駐輪場で起こっていて、先に止めてある他人の車輪のロックを外し、自分の自転車と入れ替えてしまうのだという。

   このコラム記事にネット上では大騒ぎになり、

「まず他人の自転車をロック外して、どかすという発想がない」
「遠いからチャリで来るんだぞ。家に戻るわけにも行かないし、そこらに放置したら撤去される。そう考えたら100円出して他のを退ける」
「自分以外の人間でもラックの番号を入力さえすれば (時間内ならタダで)ロックが解除されることに気づいていないんだよな」

などといった議論が起こった。機械式の有料駐輪場は人目に付く場所にあることが多く、普通はなかなかこうしたことはできないため、これは福岡市ならではの案件なのではないのか、と特別視する人もいた。

   同市では本当にこんな事が増えているのか、J-CASTニュースが4月10日、市の自転車課に取材したところ、少なくともここ半年間は有料駐輪場に関する苦情が来た記憶はないと回答した。

「あいつらタダで駐輪場を使いやがって!」

   同市は長年、放置自転車の問題を抱えていて、ここ数年は「放置自転車ゼロ」を目指す取り組みをしていた。実は、16年春まで有料駐輪場に関する苦情は多かったのだという。それは、自転車と自転車のラックの間に自転車を突っ込み駐輪する人や、ラックのロック部分手前で自転車を止める人が相次いだためで、「あいつらタダで駐輪場を使いやがって!」というものだった。そのため市ではパトロールを強化し、そうした自転車は即時に撤去することにした。また、古い駐輪機はラックの番号を精算機に打ち込み支払いを済ませるだけでロックが解除できたが、カギを着脱しなければロックが解除できない新しいものに順次変更して行った。そのため、16年秋ごろから苦情は来なくなったという。

「確かに、昨年春までは『きちんと駐輪していたのに撤去されてしまった』という苦情もありましたが、新聞記事はその事を言っているのか、それとも新たな迷惑行為が発生しているのかは分かりません。そもそも2倍ものお金を出して場所を確保するものでしょうか?東京など他の地域では同様の事が起こっているのでしょうか?」

と困惑気味だった。

   また、J-CASTニュースが市の放置自転車保管所に話を聞いてみたところ、有料駐輪場に停めていたのに撤去された、という申し出は以前からあったため、市は鍵付きの機械への変更を進めているが、こうした苦情は引き続きあるのが現状だ、とした。そういう申し出がある場合でも、2500円の引き取り料を徴収しているという。

   もっとも、本当にお金を払ってロックをしたのか、本当はロックをせずに置いただけで、単にそう主張しているだけに過ぎないのか、は検証が難しいという事情もある。

   参考として、東京都墨田区と埼玉県所沢市の有料駐輪場を経営する民間大手に話を聞いてみたところ、

「間違って他の自転車のラック番号を押して支払いをしてしまった、という報告はありますが、他人の自転車を移動させるといった話は聞いたことがありません」

ということだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中