ココイチで「ハッシュドビーフ」食べてみた ネットでは「(あるの)知らんかった」

印刷

   カレーチェーン「CoCo壱番屋」(以下、「ココイチ」)の店舗で「ハッシュドビーフ」が食べられることをご存知だろうか。

   通常のカレーメニューに113円を足すと、ソースをハッシュドビーフソースに変更できる。知名度の低さとは対照的に、味は運営元の壱番屋(愛知県名古屋市)も「だいぶ美味しい」と語る自信作だ。

  • ナスをトッピングしてみた(2017年4月撮影)
    ナスをトッピングしてみた(2017年4月撮影)

「平成1ケタ台」から提供していた

   ココイチのハッシュドビーフについては、2017年4月4日ごろ、あるツイッターユーザーが

「ココイチは150円でカレーソースをハッシュドビーフに変更できると知って好きになった」

とつぶやき、それまで知らなかった層に知られることとなった。

   記者も4月13日、都内の店舗で初めてハッシュドビーフを食べた。酸味や甘味がたっていない、上品な風味。主力メニューのカレーに勝るとも劣らない質の高さだ。

   壱番屋の広報担当者によると、発売当初は「ハヤシライス」というメニュー名だったらしい。

「平成1ケタ台からご提供させていただいております。味はこれまでに何度か改良しておりますが、現在の味になってからはもう長いような気がします」

   ハッシュドビーフを食べるには、単品(597円)を注文するか、通常のカレーメニューに113円足し、ソースを変えてもらう必要がある。カレーと同じく、コロッケから納豆まで、全トッピングに対応可能。13日現在、取扱い店舗は全店舗の8割を超える計980店にのぼっている。

   壱番屋の社員だけでなく芸能人にもファンが多く、

「これだけを食べに来られるお客様も多くいらっしゃいますね」

という。

   味についても、担当者は

「手前味噌ではありますが、うちのハッシュドビーフソースはだいぶ美味しいと思います。あらゆるトッピングに負けない味です」

と自信を見せた。

「いかんせんカレー屋なので...」

   とはいえ、カレーショップの印象が強いためか、「知名度の低さ」は否めない。広報担当者も

「もう少し市民権を得てもいいとは思っているんですが、いかんせんうちはカレー屋なので...」

とそれには自覚的だ。先述のツイートにも、

「知らんかった」
「今度やってみよう」

との反応が寄せられている。

   なお、担当者のおすすめの組み合わせは「スクランブルエッグ+ハッシュドビーフ」。

「洋食屋さんのオムライスのような味わいになりますよ」

という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中