2018年 7月 23日 (月)

自動運転技術で配達 ヤマト運輸とDeNAが「ロボネコヤマト」プロジェクト

印刷

   ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は2017年4月16日、宅配便の配達に自動運転技術を活用した「ロボネコヤマト」プロジェクトを始めると発表した。

   プロジェクトでは、翌4月17日から18年3月31日にかけて、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の一部地域を対象に、2つの実証実験が行われる。1つは、オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」。利用者がスマートフォンやパソコンから指定した時間・場所まで、保管ボックスを車内に設置した専用車両が運行する。

   2つ目は、地元商店の商品の買物を代行するサービス「ロボネコストア」。インターネット上の仮想モールから、利用者が対象店舗の商品をまとめて注文・受け取りができる。この取り組みにも同じ専用車両を使用する。

   実証実験は、ドライバーによる有人運転が原則だが、ドライバーは荷物の発送や受取りに関与せず、利用者自身が車両から取り出す。18年をめどに一部の配送区間で完全自動運転の導入を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中