相葉雅紀が主演のはずなのに... 出番少なすぎる「貴族探偵」初回にモヤモヤ

印刷

   嵐の相葉雅紀さんが主演を務める月9ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)が2017年4月17日にスタートした。

   初回は30分拡大で放送されたのだが、インターネット上には相葉さんファンからの不満の声がいくつも上がっている。「登場シーンが少なすぎる」ためだ。

  • 主演を務める相葉雅紀さん
    主演を務める相葉雅紀さん

「私が見てるのってほんとに貴族探偵なんだよね」

   麻耶雄嵩さんによる本格推理小説「貴族探偵」シリーズを原作にした同ドラマは、「主人公が推理せずに謎を解く」という異色作。相葉さんは「貴族探偵」を名乗り、自ら推理するのではなく召使いたちに事件の捜査や推理をさせる「謎の男」を演じている。

   相葉さんにとっては2015年の「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)以来2年ぶりの主演ドラマとあり、ファンは期待を胸にスタンバイ。ところが放送開始からしばらくたっても、相葉さんが出てくる気配はない。

   不審に思ったファンたちからは、

「開幕10分経つのに相葉ちゃん出てこないぞ!大丈夫なの!?」
「15分たったのに相葉ちゃん出てこない」

といった声がツイッター等にあがり始め、

「てか私が見てるのってほんとに貴族探偵なんだよね 相葉ちゃん出てこないから心配になってきた」

と、自分は間違っているのかと疑い始める視聴者まで現れた。ようやく登場した時にはすでに15分以上が経過していた。

原作ファンは対照的な反応

   その後は主演らしく出ずっぱりかと思いきや、画面に映るのは武井咲さん演じる新米女探偵や生瀬勝久さん演じる刑事、そして貴族探偵の召使いたちばかり。結局、相葉さんが登場するシーンは全体で20分程度で、そのうち顔がはっきり映っていたのは15分程度だったとみられる。

   そのため放送後には、ファンたちからの

「相葉ちゃんさっぱり出てこなかった」
「出番少なすぎて悲しい 相葉ちゃん映ってもぼやけてるし」
「ほとんど出てなかった気がするんですけど。毎回あんな感じなのかしら?」

といった不満の声も目立った。

   一方、原作ファンの反応は対照的で

「再現度高い!めっちゃ貴族探偵だったぞ!」
「ほんとうに麻耶雄嵩だ すごいドラマだ 麻耶雄嵩だ!!!」
「作品のコンセプトをパーフェクトに理解しているのがたいへん素晴らしい」
「麻耶雄嵩が何を軸にその本を書いたのかちゃんと理解した実写化だった...」

と絶賛の声が続々と上がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中