射殺映像をフェイスブックに投稿 容疑者が警察の追跡中に自殺

印刷

   米中西部オハイオ州クリーブランドで通行人の男性(74)を射殺し、その様子の映像を交流サイト「フェイスブック」に投稿後、指名手配されて逃走していたスティーブ・スティーブンズ容疑者(37)が2017年4月18日(現地時間)、隣接するペンシルバニア州で自殺した。

   米ペンシルベニア州警察の公式ツイッター、フェイスブックによると、スティーブンズ容疑者は同州エリー郡で同日朝、州警察に発見された。容疑者は短時間、捜査員に追跡された後、車内で銃を取り出し、頭部を撃って自殺したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中