ラウドネス、入国拒否で米ツアー中止 なぜ日本のバンドが対象に?

印刷

   日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」が、全米ツアーで向かった米シカゴの空港で入国を拒否されていたことが分かった。トランプ政権の影響がうわさされているが、真相は何だったのか。

   「これは酷い」「まさか日本人も巻き込まれるとはな」「これからツアー旅行も帰される可能性があるの?」

  • ツアー中止を伝える高崎晃さんのツイート
    ツアー中止を伝える高崎晃さんのツイート

主催者「トランプ政権の入国審査が厳格化」

   ラウドネスの入国拒否が2017年4月20日に報じられると、ツイッターなどでは、こんな不安の声が相次いだ。

   ラウドネスは、ギターの高崎晃さん(56)らによって1981年に結成され、日本のヘビメタバンドの第一人者となった。84年には米国デビューも果たし、翌85年に発表したアルバム「サンダー・イン・ジ・イースト」が米ビルボード誌のチャートで最高74位を記録している。

   アメリカでは、何度もツアーを行っているが、今回のトラブルは4月18日に起こった。

   シカゴ公演の主催者「レジース」がホームページ上で明かしたところによると、ラウドネスのメンバーはこの日、米シカゴの空港で入国を拒否され、メンバーらはそのまま日本へ帰国した。このため、翌19日から米国内7か所で予定していた全公演がキャンセルされた。入国拒否の理由については、「現政権による外国人への入国審査方針が厳格化した」ことを挙げている。

   ボーカルの二井原実さん(57)は、19日のブログで、「アメリカツアーはキャンセルです。3時間シカゴ滞在して帰国」と報告した。高崎さんも、無念の帰国をしたとツイッターで明かし、20日には、「ライヴを楽しみにしていたファンの皆さんと関係者には申し訳ない気持ちでいっぱいです。またツアーを再開出来るよう頑張ります」と書いている。

「コンサートには、事前にビザ取得が必要」

   一方、共同通信がラウドネス所属事務所の説明として報じたところによると、これまでは主催者の招待状があれば入国できたため、今回も同じ段取りで入国しようとしたが、シカゴの入管で「コンサートをする以上、ビザが必要」と指摘された。可能ならば、仕切り直しをして、改めてツアーを行いたいという。

   所属事務所のカタナミュージックにJ-CASTニュースが4月20日に取材しようとしたが、同日中には電話がつながらなかった。

   入国拒否の理由はよく分からない部分もあるが、ビザ取得の支援サービスを行っているイデア・パートナーズ法律事務所では、広報担当者が次のように取材に話した。

「米国内でコンサートを行う場合は、事前にビザ取得が必要です。これまでは、入国審査官に聞かれずに入国できたものの、今回は、聞かれて拒否された可能性があります。トランプ政権から厳しく見られる傾向になっていますが、厳しい審査官にたまたま当たったのかもしれません。いずれにせよ、これまでは幸いにして入国できたということだと思います」

   トランプ政権は、携帯電話やSNSのパスワードなどの個人情報までチェックする方針だとも、4月に入って一部で報じられた。イデア・パートナーズ法律事務所では、この点について、次のように言う。

「個人情報のチェックは、以前から行われています。審査官から入国理由を疑われ、別室に呼ばれたときなどです。トランプ政権になってこうしたことが増える可能性はありますが、ビジネス出張では、事前にビザを取っておけばスムーズです。観光や旅行でも、誤解を避けようと滞在先などでウソをつくことはダメで、こうしたことを守れば入国できると思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中