安保理、北朝鮮非難の報道声明発表 米譲歩で合意

印刷

   国連安全保障理事会は日本時間2017年4月21日未明、北朝鮮による16日の弾道ミサイル発射を非難し、核実験を行わないよう求める報道声明を発表した。複数のメディアが報じた。

   声明案を作成した米国がロシアの要求を受け入れ、当初案になかった「対話を通じた」解決という文言を入れることで歩み寄った。声明では、北朝鮮がミサイル発射や核実験に踏み切った場合、追加の制裁措置を行う用意があるとも明記された。

   ヘイリー米国連大使は記者団の取材に、

「今後、制裁やその他のあらゆる手段を検討しなければならない」

と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中