2018年 9月 24日 (月)

仏大統領選、マクロン氏とルペン氏が決選投票へ

印刷

   フランス大統領選挙の第1回投票が2017年4月23日(現地時間)に行われ、即日開票された。現地メディアによると、中道系無所属のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首が5月7日に行われる決選投票に進出することが確実になり、これまでフランス政権を担ってきた社会党と共和党の2大政党の候補がともに決戦に進めない事態となった。

   今回の大統領選で主な争点になっているのは、欧州連合(EU)からの離脱や移民問題など。マクロン氏は親EUで移民受け入れに寛容な姿勢を示している一方で、ルペン氏はEU離脱や移民の規制を訴えており、主張の対立する2人が決選投票に臨む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中