「栗山監督には迷い、焦りがあるのか」 中畑氏、大谷復帰めぐり不満露わ

印刷

   けがで離脱している日本ハムの二刀流・大谷翔平(22)について、栗山英樹監督(55)がテレビ番組で復帰プランを語ったところ、野球解説者の中畑清氏(63)が不満を露わにした。

   栗山監督は、今回の復帰に関して「大谷本人に任せる」という発言をする一方、「投手から復帰させるかもしれない」という構想も述べるなど、ちぐはぐな発言を繰り返しているからだ。栗山監督に中畑氏は「ちゃんと確認してくれ」と苦言を呈した。

  • 栗山英樹監督(2017年1月撮影)
    栗山英樹監督(2017年1月撮影)
  • けがで離脱中の大谷翔平(2017年1月撮影)
    けがで離脱中の大谷翔平(2017年1月撮影)

「両方(投打)いっぺんにいきます」

   大谷は開幕前に負った右足首ねん挫のため打者のみで2017年シーズンを迎えていたが、17年4月8日の試合の走塁で左太もも二頭筋肉離れを発症。球団は「ゲーム復帰まで4週間程度を要す見込み」と発表し、打者としても出場できなくなった。8日までの8試合で大谷は打率.407、3打点、2本塁打と、開幕から低迷するチームの中で好調を見せていただけに、離脱はチームにとって大きな痛手となっている。大谷離脱から23日までの12試合で日本ハムは2勝10敗、泥沼の8連敗中だ。

   栗山監督は4月23日放送の「SPORTSウォッチャー」(テレビ東京)で、大谷の復帰への展望について野球解説者・緒方耕一氏(48)のインタビューを受ける形でビデオ出演し、「翔平はまず体をちゃんとさせないといけないので時間がかかる。言われている(4週間)より全然かかると思う」と話した。それを見越して、緒方氏も復帰後の想定について「まずはDH(打者)からで、投手はもう少し先か」と聞いたところ、栗山監督はこう否定した。

「いや、両方(投打)いっぺんにいきます。どちらかと言えば投げる方が早いかもしれない。肩の方は出来上がっている」

   ここ1週間で、患部の左太もも裏に負荷のかからない程度の投球練習を再開し、復帰への段階を歩んでいるという。これに対して、スタジオ出演していた中畑氏は栗山監督のこのプランに疑問を述べた。

「インタビューを聞いて、栗山監督には何か迷い、焦りがあるのかなと。大谷は『肩』が出来上がっているから投手が先になるだろうと言っていたが、一番大事なのは『足』じゃん。大谷がもともとダメだったのは、右足首のねん挫なんだよ。軸足がしっかりしないで(投手として)復帰できると思う?」

   また、インタビューで「監督のことだから(大谷に)電話か手紙か送っているのではないか」と緒方氏に問われた栗山監督は「あえて接点を持っていない」としてこう話していた。

「この時期、(大谷は)本当に考えないといけないことがすごくあるはず。僕が『こうしろ。ああしろ。こう過ごせ』と言うと、考えるチャンスがなくなる。彼の野球人生にとって大きな時間なので、あえてアプローチしていない」

「名将・栗山監督は本来ああいうことを言わない人」

   栗山監督自身が容認した「17年シーズン末以降の大リーグ挑戦」を見越し、大谷自身の決断を尊重しているという前向きな発言と捉えられなくもないが、中畑氏は栗山監督の発言の「ちぐはぐさ」を指摘している。

「実戦復帰させて1、2試合ちゃんと結果を出させてから、どうしようかと判断するのが手順なんだよね。それを今『投手から復帰させるかもしれない』と言って、さらにそのプランを言った後で『本人に任せます』。名将・栗山監督は本来ああいうことを言わない人なんだよ。だから、ちょっと迷いが生じてるのかな」

   中畑氏は、「野球ファンには早く大谷を試合で見せたい」ことと、「チームとしては盤石の状態で復帰させないといけない」という気持ちが、迷いにつながっていると分析。その上で「栗山監督には声を大にして言いたい。『ちゃんと確認してくれ』と。一番大事なのは本人のけがだ」と注文した。

   番組の中で示された大谷の患部である左太もも裏を捉えた写真には、こぶし大のあざが浮き上がっていた。番組で船橋整形外科病院の土屋明弘・副院長は「出血がひどく大きい。皮下まで出血が来たとなると、かなり広範囲で大きな断裂が起きている。決して軽傷ではない」と話す。その原因は、先に負った右足首ねん挫をかばって「右足でうまく蹴りきれないから、左足で頑張ってしまったのではないか。そこに今まで以上の負荷がかかり、いろいろな故障を起こす原因になっている」とみている。

   中畑氏は今回だけでなく、大谷離脱直後の4月9日放送「サンデーモーニング」(TBS系)に出演した際も、栗山監督に対して「喝」を見舞った上で「彼(大谷)の将来性を考えたら、治療に専念させるなりして完治させてほしい」と苦言を呈していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中