2018年 8月 15日 (水)

新茶に史上最高の1キロ108万円 静岡で初取引

印刷

   静岡市葵区の静岡茶市場で2017年4月24日、新茶の初取引が行われ、1957年からの取引史上で最高額となる取引が成立した。

   2月の少雨と3月までの低温の影響で生育が遅れ、16年よりも3日遅い初取引となり、取り扱い数量も16年の約3割にとどまった。茶市場のウェブサイトでは、「品質は気象災害を受けず、香り高い今でしか味わえない茶が出来ています」と説明している。

   この日の最高取引額は、JA富士宮が生産した手もみ茶で、1キロあたり108万円。県内産1925.6キロが取引され、1キロあたりの平均単価は7263円だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中