2018年 10月 20日 (土)

日本郵政、400億円の最終赤字に大幅下方修正 豪物流会社の不振響く

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本郵政は2017年4月25日、同年3月期連結決算で400億円の純損失を計上すると発表した。当初予想していた3200億円の黒字から大幅に下方修正した。純損失を計上するのは07年の郵政民営化から初めて。

   15年に当時約6200億円で買収したオーストラリア物流大手トール・ホールディングスの不振が響き、同事業にかかるのれんなどの約4000億円を減損損失として計上する。

   日本郵政はトール社について、経営陣を刷新し、人員削減や部門統廃合などによるコスト削減施策を中心に業績回復、成長基盤整備のための対策を講じていると説明している。トール社を「グローバル展開のための中核」と位置付け、「早急に業績を回復しグループの企業価値向上に資するよう構造改革を進めていきます」としている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...