川崎サポーター、韓国・水原戦で「旭日旗」 没収後も一触即発寸前

印刷

   韓国で行われたサッカーJ1・川崎フロンターレと韓国の水原三星(スウォン・サムスン)ブルーウィングスとの試合中、川崎サポーターが旭日旗を掲げ、水原サポーターが川崎の応援スタンドに入ってくる一幕があった。

   旭日旗は水原の試合運営担当者によって試合中に没収されたという。

  • AFCチャンピオンズリーグ、川崎×水原戦でトラブルが起きた(画像はアジアサッカー連盟公式サイトから)
    AFCチャンピオンズリーグ、川崎×水原戦でトラブルが起きた(画像はアジアサッカー連盟公式サイトから)

アジアサッカー連盟とも情報共有

   川崎は2017年4月25日、韓国の水原ワールドカップ競技場で行われたアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグで水原戦を行い、1対0で今大会初勝利を収めたが、サポーター同士は一触即発の状況を迎えていた。

   川崎広報担当者が26日昼、J-CASTニュースの電話取材に応じた。試合中に川崎サポーター2人が旭日旗を掲げていたところ、これを確認した水原の試合運営担当者が試合中に旭日旗を没収した。試合終了後には、水原サポーターが川崎のサポーターエリアに押しかけた。騒ぎがいったん落ち着いた後も、観客がスタジアムから帰っていくタイミングで、川崎サポーターが通るゲートに水原サポーターが待ち伏せし、出口をふさいでいた。けが人はいなかったという。

   川崎は水原からの報告で旭日旗掲出を把握した。旭日旗を掲げたサポーター2人は特定されており、試合後に水原、川崎の順で2人を聴取した。ただ、旭日旗を掲げた意図は把握していないという。今後どうするかは協議中で、まだ何も決まっていないという。また、AFCとも今回のトラブルは共有しているとしている。

キ・ソンヨン「サルマネ」の因縁も

   韓国チームとのサッカーの試合における旭日旗をめぐっては、過去にも騒動になったことがある。2011年1月25日に中東カタールで行われたAFCアジアカップ準決勝・日本対韓国戦で、韓国代表MFキ・ソンヨンがゴールパフォーマンスでサルのモノマネをしたところ、日本人を馬鹿にしているとしてネット上で批判の声があがった。この背景にも、日本側サポーターの旭日旗の掲出があったとされる。

   翌日26日の中央日報(日本語版)によると、キはパフォーマンスの理由について「観客席にある旭日旗を見て涙が出た」「私は選手である前に大韓民国の国民」と説明しており、記事は「旭日旗を見て怒りを抑えられなかったと解釈できる。旭日旗は日本帝国時代に使われた日本の軍旗で、現在は自衛艦旗だ。日本軍国主義の象徴だ」(原文ママ)と記述している。

   今回の川崎と水原とのトラブルを受けてツイッター上では、「キソンヨンの例の件が」「キ・ソンヨン騒動」「2011にキ・ソンヨンがやらかしたときにも...」など、多くのユーザーが当時を思い出していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中