「30年以内に震度6弱以上」 太平洋側で発生確率上昇

印刷

   政府の地震調査研究推進本部は2017年4月27日、17年版の「全国地震動予測地図」を公開した。

   今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は、南海トラフ地震など海溝型地震の確率が微増したのに伴い、東海から四国にかけた太平洋側でわずかに上昇した。首都直下地震の懸念される関東南部も、前回16年同様に確率が高かった。

   市役所の所在地でみると、千葉85%、横浜・水戸81%、高知74%、徳島72%、静岡69%の順に高かった。

   16年4月に布田川・日奈久断層帯による熊本地震が起きた熊本市役所付近は、7.6%で横ばいだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中