高橋真麻、「つわりで...」は冗談と謝罪 結婚ネタ告白で「リアルっぽく」

印刷

   フリーアナウンサーの高橋真麻さん(35)が、情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)での「つわり」騒動について、ブログで「冗談」だと釈明し、謝罪した。

   高橋さんは、生放送中に一時離席し、席に戻った際に「ちょっとつわりが...」と発言、スタジオを一瞬、凍りつかせていた。高橋さんはテレビで最近、一般男性との交際ネタや結婚ネタを話すことも多いことから、共演者らも反応に困ったようだ。その場でも冗談だ、ということで落ち着いたが、番組終了後に改めてブログで説明した。

  • 「ちょっとつわりが…」で謝罪した高橋真麻(2016年5月撮影)
    「ちょっとつわりが…」で謝罪した高橋真麻(2016年5月撮影)

「お手洗いに旅立ちました」

   高橋さんは2017年5月1日朝の「スッキリ!!」に、いつものように「曜日コメンテーター」(月曜担当)として出演した。番組開始から90分以上が過ぎた頃、「街の声」の映像からスタジオに画面がうつると、左端(画面向かって右端)の高橋さんの席がポッカリと空いていた。

   その際に話題にしていたテーマが「忘れられない人生最大のハプニング」だった事もあり、「スタジオでもハプニングが...」と高橋さんの不在が話題となった。MCの加藤浩次さんは、「いなくなりましたね」「お手洗いに旅立ちました」などと説明、そのまま他のハプニング話へ話題を振った。

   高橋さんが席に戻ってきたのは、空席が画面にうつってから約50秒後。高橋さんは笑顔で、「すみません。ちょっと、つわりが...」と説明。加藤さんの声らしき「えっ」という音声が聞こえた後、2秒近くスタジオは沈黙、その後は出演者らが一斉に笑い出した。加藤さんは「みんながびっくりするような冗談やめてくださいよ」「とんでもないカミングアウトかと」「冗談ですよね」と畳み掛けた。高橋さんは「失礼しました」と笑っていた。

   こうしたやりとりを受け、ツイッターでは「朝から顔色が悪かった」「冗談だけどマジっぽく聞こえる」といった反応が寄せられた。

彼氏と年明けに破局危機を乗り切った、と説明

   高橋さんは同日午後、ブログを更新。スッキリの途中で「数分退席しまして、ご迷惑をおかけしました」と詫びた。「ちょっと気持ち悪く」なったが、念のため病院に行ったところ、「インフルエンザでもなく、お薬を貰って元気に」なったそうだ。

   スッキリでのやりとりについては、「どうしたんですか?と聞かれ/『つわりで~』/と冗談で言ったら/リアルっぽかったのか/一瞬皆さんの時が止まってしまって」と描写し、「申し訳なかったです」と謝罪した。

   高橋さんは、3月に放送された名古屋のローカル番組で、5月9日に結婚しようと一般男性の彼氏にLINEを送ったところ、「いいよ」と返信が来たと明かしていた。ただ、その後はブログで具体的な話がある訳ではない、と釈明していた。4月に入っても、26日放送の「チカラウタ(日本テレビ系)」で、交際中の彼氏と年明けに破局危機を迎えたものの乗り切ったと説明。結婚については「そういう具体的なものはない」と話していた。

   高橋さんの釈明ブログのコメント欄には、「びっくりしましたよ~」「皆、引いてましたね」などの反応が寄せられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中