歩けば猫が育つアプリ「にゃん歩計」 東大、筑波大、ゲームメーカーらと産学連携

印刷

   ゲームメーカーのスマイルラボと東京大学などは2017年4月27日、科学的エビデンスに基づいた「ヘルスケア機能」を共同開発し、ヘルスケアサービスの検討を進めることで合意した。

  • 今や楽しく活動量を図る時代
    今や楽しく活動量を図る時代
  • 今や楽しく活動量を図る時代
    今や楽しく活動量を図る時代
  • 今や楽しく活動量を図る時代
    今や楽しく活動量を図る時代

歩くと猫が育つスマホアプリ

   最初の取り組みとして、スマイルラボが開発・運営する歩数計付きのねこ育成ゲーム「にゃん歩計」に導入するヘルスケア機能の共同開発を予定している。

   にゃん歩計は歩くだけで猫が育ち、可愛らしい仕草を覚えてくれるというスマートホンアプリ。毎日の歩数だけでなく、消費カロリーや移動距離のデータを数値とグラフで管理でき、猫を育てて楽しみながら健康も意識できるアプリだという。

   スマイルラボのプレスリリースによると、今回合意したのは、スマイルラボ、ヘルスケアベンチャーのハビタスケア、東京大学大学院・薬学系研究科の新井洋由教授、筑波大学医学医療系ニュートリゲノミクスリサーチグループの矢作直也准教授。

   今後は東大、筑波大と共同でヘルスケアデータの取得・蓄積・活用について検討しながら、糖尿病や脂質異常症、高血圧などの生活習慣病に関する新たなアプローチを進めていき、「楽しく遊びながら健康増進するアプリ」を提供し健康で豊かな生活をサポートするライフログとゲーム技術の融合を目指す。

   にゃん歩計は無料で、対応OSはiOSとアンドロイド。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中