安倍首相「2020年改憲」改めて表明 改憲派集会にビデオメッセージ

印刷

   安倍晋三首相が2017年5月3日、東京都内で行われた改憲派の集会に寄せたビデオメッセージで、20年の施行を目標に憲法改正を行う考えを改めて明らかにした。安倍首相は同日付けの読売新聞朝刊のインタビューで同様の意向を明らかにしたばかり。

   今回安倍首相が主張している憲法改正の最大のポイントは、9条に自衛隊に関する記述を加える点だ。安倍首相はビデオメッセージで、

「もちろん9条の平和主義の理念については、未来に向けてしっかりと堅持していかなければなりません。そこで9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方。これは国民的な議論に値するだろうと思います」

   と語った。また、義務教育だけでなく、高等教育まで無償化する方針も盛り込んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中