新幹線から「喫煙車」がなくなる日 「当然の流れ」「さすがにやり過ぎ」

印刷

   「世の中どんだけタバコが嫌いなのか。。。」――ゴールデンウイーク(GW)真っただ中の2017年5月3日、そんな嘆きをつぶやいたのは、愛煙家のお笑いタレント、カンニング竹山さんだ。そのツイートには、連休とは思えぬほど空席だらけの、新幹線の車内の写真が添えられていた。

「大阪より東京へ帰る新幹線。どの便もグリーン車でさえ満席でチケットがとれないと言うのに喫煙車両がある便だけはガラガラである」
  • カンニング竹山さんも嘆く「喫煙車」のガラガラぶり
    カンニング竹山さんも嘆く「喫煙車」のガラガラぶり

GWでも喫煙車にはまだまだ空きが

   実際のところどうなのだろうか。新幹線の空席状況がわかる「JRサイバーステーション」で、5日15時ごろ、直近の15時台後半~16時台前半の「のぞみ」(新大阪~東京)の席の埋まり具合を確認してみる。

   GW真っただ中だけあって、さすがに通常の指定席はすべて満席――と思いきや、喫煙席にはまだまだ空きが。竹山さんの言うような、「喫煙車両がある便」全体が空いている、というわけではないが、少なくとも喫煙席の「不人気」ぶりは疑いようもない。

   現在、東海道・山陽新幹線を走る「のぞみ」は基本的に、GWのような連休中の臨時便などを除き、全座席禁煙のN700系で運行されている。喫煙車を残す700系は、これらの臨時便と、一部の「ひかり」「こだま」で使われているだけだが、その700系も、2019年度での引退がすでに決定済だ。東海道・山陽以外の新幹線はいずれも喫煙車を設けておらず、つまりこの700系の引退で、喫煙車そのものが消滅することになる。

読売「『車窓を楽しみながら座席で一服』はできなくなった」

   読売新聞は5日付朝刊で「新幹線 喫煙車消える」の大見出しを打ち、大々的にこのテーマを取り上げた。記事内には、

「『車窓を楽しみながら座席で一服』はできなくなった」
「かつて『座って一服』が当たり前だった鉄道の旅」
「全面禁煙となった航空機の国内線に対し、たばこが吸えることはセールスポイントの一つになっている」

と書かれている。

   この記事を受けて、ツイッターでも改めて「喫煙車の是非」が話題に上ったが、

「電車乗ってる数時間すらタバコガマン出来ない人は病気だから旅行よりまず病院に行こう」
「喫煙車がまだ存在していた事に驚いた」
「空席多いし当然の流れだね」
「座席で一服を懐かしむタイトルだが、吸わない人には迷惑でしなかったんだよ」

と、喫煙者に対する辛辣な声が目立つ。

非喫煙者が、喫煙車を残してほしい意外な理由

   「ここまで来ると完全に、ただの差別だな」「あたしゃ超嫌煙家だけど、さすがにこれはやりすぎでねえが」といった擁護論もあるが、むしろ、

「喫煙ルームで一服して禁煙席に戻られるとタバコ臭くて嫌なので個人的には喫煙ルームを廃止して喫煙席を存続させてほしい」
「喫煙ルームでタバコを吸ってすぐに席に戻られると、その臭いがかなりきついんだよね」

といった、タバコのにおいをまとった喫煙者が隣に座ることを敬遠する、非喫煙者からの声が、「存続派」のなかで多勢を占めている。

   ちなみにJ-CASTニュースがツイッターで「喫煙車の消滅」への賛否をアンケート形式で尋ねたところ、賛成が72%、反対が28%という結果となった(投票数343)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中