フランス大統領にマクロン しかし、これで安心するのは甘すぎる

印刷

   2017年5月7日投票のフランス大統領選は、無所属で中道のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が得票率66%で当選し、極右国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)を大差で退けた。

   異例が続いたリーダー選びは、最大のどんでん返しを封印したまま終わるが、フランスと欧州連合(EU)の危機が消えたわけではない。最長5年、先送りされただけである。

  • 大統領に当選したマクロン氏 AP/アフロ
    大統領に当選したマクロン氏 AP/アフロ
  • 国民戦線のルペン党首(C)FAMOUS
    国民戦線のルペン党首(C)FAMOUS

低くなった「ルペン支持」のハードル

   マクロン支持のかなりの部分は、ルペンへの不安の裏返しだ。移民排斥や治安強化には共感できても、彼女が言うようにEUから出て通貨フランを復活させる手間を考えれば二の足を踏む有権者が多かったとみられる。「お金は自由を鋳造したもの」と言ったのはドストエフスキーだが、復活フランは不自由極まりない通貨になろう。

   ルペンは嫌だがマクロンもねえ、という投票態度は、大統領選としては1969年に次ぐ低投票率(約75%)や、10%を超えた無効票にも表れた。

   そして極右支持のハードルは確実に低くなった。ルペンの父がシラク大統領と戦った2002年の大統領選と比べ、ルペンの得票率は倍近く、1000万を超す国民がFNに託したのだ。ほんの10年前まで、FN支持は公言しづらいことだったのに。

   ルペンを熱く支持した地方の工場労働者や農民層は、グローバリゼーションや、自由移動による移民流入に深い恨みを抱いている。社会党、共和党の2大政党は頼るに足らず、もうだまされないぞという心理が、彼らを左右のスイングの「外側」に追い立てた。第1回投票で極左候補が20%を得票したのも同根の現象だ。

マクロンの持ち時間は5年

   他方、マクロンは勝ち組の代表である。ご同輩の多いパリでは決選投票で90%を得票している。両者を拒む左派の労働組合は、決選の顔合わせを「ペストかコレラの選択」として棄権を勧めた。マクロン勝利の速報にマーケットは安堵し、ユーロは対ドルで6カ月ぶりの高値をつけたが、ルペンを台頭させた経済・社会的な要因は、マクロン政権の課題としてそのまま残る。

   当面の焦点は、6月の国民議会(下院)選で、無党派として大統領になったマクロンが政権基盤を固められるかどうかだ。そのうえで、国内的には若者の雇用を改善できるか、対外的にはドイツと組んでEU改革を進められるかどうか。とりわけ、肥大したEUの官僚機構や意思決定システムに切り込めるかどうかが問われよう。マクロンの持ち時間は次の大統領選までの5年間。はかばかしい成果が出なければ、ルペン当選のハードルがさらに低くなるだろう。

   マクロンは一途な男として知られる。高校時代に演劇部の顧問を務めた25歳上の先生と結婚し、いきなり3児の父になったエピソードは日本のワイドショーでも取り上げられた。フランス史上最年少のリーダーは決断の人でもある。今回勝負に出てくれたことで、英国のEU離脱、トランプ米大統領と続いた内向きの連鎖をフランスがひとまず止める形となった。とはいえ、危機はそこにあり続ける。勝利のシャンパンに酔っている暇はないのである。             (ジャーナリスト 小路 明)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中