2019年 5月 24日 (金)

京浜東北線で急病人続出 「GW明け」首都圏電車遅れ悲鳴

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   東京都や神奈川県内のJR京浜東北線で、急病人が続出するなどして電車が遅れ、駅に人があふれる事態になった。ほかの首都圏各線も遅れがあったといい、ツイッター上では「連休明けからぐったり」といったぼやきが相次いだ。

「本日、京浜東北線内にて具合の悪いお客さまが『多数』いらっしゃったため、電車が遅れております」
  • GW明けに急病人が続出した
    GW明けに急病人が続出した

大井町、蒲田、品川、新橋、横浜で

   ツイッター上の情報によると、京浜東北線では、ゴールデンウィークが明けた2017年5月8日朝、こんな内容の車内アナウンスが流れていた。

   急病人が出たのは、少なくとも5駅に及んだ。都内では大井町、蒲田、品川、新橋、神奈川県内では横浜だという。同じ駅で2人も急病人が出たとの情報もあった。

   急病が多かった理由としては、GW明けの出勤で体調を崩すなどしたのではないかとの指摘があった。また、電車の遅れで車内が満員状態になり、気分が悪くなる人が連鎖したといった憶測も出ていた。

   京浜東北線ではさらに、線路に落とし物をする人が相次いだ。都内の赤羽駅ではバッグを、横浜駅では松葉杖を落とす人がいたという。

   非常ボタンが押されたり、駅で救護活動がされたりして、上下線で最大40分の遅れが出た。

   この影響で、駅に人があふれ、ツイッター上では、その様子を写した写真が次々に投稿された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中