小島よしお「メルカリで俺が売られていた」 運営社もツイート把握、調べたところ...

印刷

   お笑い芸人の小島よしおさん(36)が、フリーマーケットアプリ「メルカリ」で「俺が売られていた」とツイッターに投稿した。

   同時にアップロードした画像は、メルカリのスマートフォンアプリ画面のスクリーンショットと思しきものだ。それを見ると、出品物一覧表示の1つに「よしお」のタイトルで、持ちネタ「おっぱっぴー」のポーズを決めた小島さんの全身姿が「商品」紹介用写真としてつけられたものがあった。

  • メルカリに「よしお」?(画像は小島よしおさんのツイッターのスクリーンショット)
    メルカリに「よしお」?(画像は小島よしおさんのツイッターのスクリーンショット)

メルカリのアプリ画面に写る「よしお」

   小島さんは2017年5月8日、「メルカリで俺が売られていた。2万円。。」とツイート。アップされた画像の左上には、「mercari」とメルカリのロゴマークの表記が見え、そこで出品中の6商品のひとつである「よしお」には「2万円」の価格表示がある。「いいね」が1つ付いている。

   このツイートは1日足らずで15万回以上リツイートされるなど爆発的に拡散。他のユーザーらは「高い」「安い」「買ってもいいですか」などと面白おかしく盛り上がっている。

   ただ、この画像には少し不自然な点があり、メルカリのインターフェイスが、現在の「3列、タイトルなし」表示に切り替わる前の「2列、タイトルあり」表示になっているのだ。

   そこでさかのぼると、以前にも同様の報告がツイッター上でなされていた。小島さんがアップしたのとまったく同じ画像が、古くは16年1月5日に投稿されている。画像なしでテキストだけのツイートまで見ていくと、15年6月17日に小島さんがメルカリに出品されていると伝えるツイートがあった。

   「よしお」出品を表す他の画像は確認できず、少なくとも17年5月9日朝の時点では実際にメルカリで検索しても見当たらなかった。「よしお」の商品詳細は不明だ。

   J-CASTニュースが9日、メルカリ(本社・東京都港区)に今回の件について取材したところ、広報担当者は、「よしお」出品の画像が出回っているのは小島さんのツイートで把握しており、事務局で調べたとしてこう明かす。

「出品削除が確認されないどころか、そもそも出品自体の記録も確認されませんでした」

本当に出品されていたら「規約違反」

   広報担当者によると、メルカリでは「監視ツール」が問題のある出品を自動で見つけるようになっており、見つかればカスタマーサポートで確認の上、出品を削除する場合がある。問題があるか否かは「メルカリ利用規約」に則って判断する。削除された場合でも出品記録と削除記録は事務局に残るものの、そのいずれもが確認されなかったという。担当者は、メルカリに本当に出品されたのをスクリーンショットしたのではなく「コラージュ画像として今回の画像がつくられ、出回った可能性が考えられます」と推測している。

   あくまで仮定の話として、もしも人間の小島さんが出品されたとしたら、どう扱われるのか。担当者は「見つけ次第、削除します」と話す。メルカリ利用規約第9条には「出品禁止商品」として「生き物」が明記されており、これに違反するという。また、規約違反のこのような悪質出品が行われると、程度や回数次第でそのアカウントに対し、警告やアカウント停止措置が取られる場合がある。

   一方、巨大フリマ空間となったメルカリの出品数は膨大で、規約違反の発見が事務局だけでは漏れてしまったり遅れてしまったりするおそれもある。イタズラ出品も増えつつあり、広報担当者は「ユーザーからの『通報』システムにより、通報が一定数溜まると一時的に出品が非表示になります。その上で事務局が確認し、必要があれば削除などの対応に出ます」と話す。ユーザーの自浄能力に委ねる部分があるというわけだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中