2021年 2月 27日 (土)

南キャン山里、渡辺直美も苦しんだ 「アニサキス」食中毒は年間100件超

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

60度で1分、70度以上の加熱で瞬時に死滅

   近年増えているアニサキス症。芸能人も被害に遭っていた。

   お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さん(40)は2017年1月10日、朝のテレビ番組出演後に猛烈な吐き気がしたため病院に直行、アニサキスによる胃腸炎と診断された。2日後には仕事に復帰したが、発症する前日に刺身をはじめ生の魚介類を相当食べていたという。

   お笑いタレント、渡辺直美さん(29)は17年3月30日、体調不良で出演予定だったテレビ番組を欠席した。3日後の4月2日、ツイッターで「食中毒から復活いたしました」「皆様、アニサキスに注意です」と報告。痛みのあまり「病院で泣きました」と続けた。

   アニサキスによる食中毒を避けるため、厚労省はウェブサイトで、「目視で確認!鮮度を徹底!加熱・冷凍で予防!」と呼びかけている。加熱する際は60度で1分、70度以上で瞬時に死滅する。冷凍の場合はマイナス20度で24時間以上なら感染性が失われる。また内臓を生で食べない、目視で幼虫を除去する、といった点も大切だ。

姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中