フジテレビ亀山社長と日枝会長退任報道 直接取材すると... 

印刷

   フジテレビは日枝久会長(79)と亀山千広社長(60)が退任する人事を固めたと、2017年5月9日に各紙が報じた。

   複数の報道によると、後任として社長にはビーエスフジの宮内正喜社長(73)、会長にはフジ・ メディア・ ホールディングスの嘉納修治社長(67)が就任する見通しで、6月の株主総会を経て、正式決定するという。亀山社長は13年6月に社長に就任。長寿番組だった「笑っていいとも!」を終了させるなど、大胆な改革を行ったが、視聴率の低迷が続き、4年で社長を退くことになる。

   J-CASTニュースが5月10日、事実確認のためフジテレビ広報部に取材したところ、「報道が出ていることは承知しているが、発表事項ではないため、現時点でお答えすることはございません」との回答だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中