築地市場でベンゼン検出 1か所から

印刷

   東京都中央卸売市場は2017年5月11日、築地市場の土壌調査の結果、表層の土壌ガスから有害物質のベンゼンが検出されたと発表した。

   発表資料によると、調査は同市場の敷地内111か所で実施され、そのうちの1か所で定量下限値を超える0.16volppmのベンゼンが検出された。今後、詳細に土壌汚染状況を確定するため、ボーリング調査を行うとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中