2018年 9月 25日 (火)

諸悪の元「むくみ」を取るには しわやたるみをなくすシナモン効果

印刷

【美と若さの新常識~カラダのヒミツ】NHKBSプレミアム2017年5月10日放送
 内側からキレイに! デトックス力を上げろ

   ルネッサンスを代表する芸術家ミケランジェロは「美」についてこんな言葉を残した。「美とは、余分なものを浄化することである」。キレイを追求する女性が行なっているデトックスも同じ。「カラダの中の本当に悪いものを出す」ということだが、勘違いしている女性が多いという。

   デトックスのカギは、「体の下水管」と呼ばれ、毒素や老廃物をキレイに流してくれるリンパ管の流れをよくすることにある。女性外来のエキスパートがリンパ管に優しいマッサージ方法と食材を紹介する。

  • むくみは肌の諸悪の元だった(写真はイメージです)
    むくみは肌の諸悪の元だった(写真はイメージです)

「半身浴にタップリの水」はデトックス効果なし

   番組では、34歳のOLエリさんの1日をドラマ仕立てで追いながら、デトックスを考えた。「半身浴でたっぷり汗をかき、ゴクゴクと水を飲む」というもの。多くの女性が行なっている方法だが、これはほとんど効果がないという。腎臓の研究の第一人者、慶応義塾大学の伊藤裕教授がこう説明した。

「汗から出る毒素なんて、ごくごく少量です。大事なのは尿、オシッコです。しっかりとオシッコから悪いものを出さなければいけません」

   ガッカリするエリさん。朝起きて鏡の前で化粧を始めるが、メイクのノリが悪い。むくんでいるからだ。お肌の大敵「むくみ」はどうして起こるのだろうか。これは、体内の毒素を流す下水管の役割を果たしているリンパ管のデトックス作用がうまく働かないからだ。美肌研究の最先端、資生堂ライフサイエンス研究センターの加治屋健太朗氏が、こう解説した。

「肌の表面のすぐ下(真皮)にはリンパ管がとおり、肌の中の毒(老廃物)を吸収し、血管に送っています。リンパ管は老廃物を取り込むために、壁が非常に薄くできています。そのため、若くて元気な間はいいですが、やがて老化や紫外線が原因で、リンパ管の壁にボロボロと穴がたくさん開くようになります。すると、老廃物を吸収するどころか、その穴からリンパ液や老廃物が真皮の中にもれ出てしまい、脂肪細胞に吸収されてどんどんたまります。その老廃物のふくらみが『むくみ』なのです」

   ゲストのタレント、はるな愛が「ひええ~」と悲鳴をあげた。加治屋氏によると、最近の研究で、むくみは、お肌の2大大敵「しわ」と「たるみ」を同時につくることがわかった。決して甘く考えてはいけないという。まず、老廃物が皮下組織にたまり続けると、その重さで肌が下に下がる。これが「たるみ」だ。一方、白血球の一種マクロファージが体内をパトロールし、むくみの老廃物を食べて片付ける役目をしている。それはいいのだが、老廃物が多いとマクロファージが活発に動きすぎ、肌を形成しているコラーゲン組織をズタズタに壊してしまう。このため、マクロファージが通ったあとは、皮膚が陥没してしまう。これが「しわ」だ。

「むくみ」か「肥満」か、舌を見るとわかる

はるな愛「むくみって、怖いんですね。夜になると、消えてなくなるのがむくみで、なくならないのが顔の肥満だと思っていましたが、むくみと肥満はどう違うのですか。何かすぐわかる方法がありますか」

   女性外来の先駆者としてデトックスを推進している金沢医科大学の赤澤純代准教授がこう説明した。

「鏡の前で舌をベーと突出して見てください。舌の両脇がツルツルしていれば、むくみはありません。しかし、両脇がデコボコ、ギザギザしていればむくみです。舌は全身の健康状態を表しますから、顔がむくんでいる時は、舌もむくむのです」

   さて、OLのエリさんが仕事休みにミネラルウォーターを飲んでいると、女性上司のヨウコさん(51)が、いい香りがするティーカップを持ち、隣に座った。

エリさん「なんですか? いい香りがしますが」
ヨウコさん「シナモンティーよ。あんたのようなサボる部下を持つと、こういうティーでも飲まないと癒されないわ」

   ここで、赤澤教授が、ヨウコさんのティーのセンスをこうほめた。

「シナモンには、癒し以外に素晴らしいデトックス効果があるのです。シナモンは、『飲む接着剤』と言われ、肌トラブルの原因になるリンパ管の穴を補修してくれるのです。シナモンの成分がリンパ管の壁に近づくと、壁の受容体Tie2で接着因子が作られ、細胞の結びつきが強くなり、リンパ管の穴がふさがって下水管の役割がよみがえります。ほかにも最近、女子に人気のルイボスティーや沖縄のスパイス、ヒハツ(長コショウ)にも同様の効果があります」

顔だけでなく頭皮全体もリンパマッサージを

   赤澤教授によると、リンパの働きをよくするにはマッサージも大事だという。血液は心臓という強力なポンプがあるため、猛スピードで1分以内に体内を1周する。しかし、リンパにはポンプがない。筋肉の収縮の力で、ゆっくりと体内を回る。だから本来は運動をすると、リンパの流れがよくなり、デトックス効果があがるのだ。運動をせずに、机に座りっぱなしの仕事をすると、夕方に足がむくむのは、重力でリンパからもれた老廃物がたまるからだ。

   ここで、赤澤教授はリンパの流れをよくする、リンパマッサージのコツを紹介した。

(1)リンパの滞りやすいところを、丁寧に2本の指で、リンパの流れにそってマッサージする。滞りやすい場所とは、両方の鎖骨下、ひじ、そけい部(足のつけ根)、ひざの裏、くるぶしだ。
(2)顔のマッサージは、耳のうしろにリンパの流れの基点があるので、そこへ流れをもっていくようにこすっていく。また、顔だけでなく頭皮全体もマッサージする。頭髪の下にリンパが流れているからだ。
(3)マッサージは、痛くならない程度にやわらかく。入浴中や入浴直後に行なうと、より効果があがる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中