2018年 9月 24日 (月)

自衛隊機、北斗市山中で破片を発見 乗員4人の死亡を確認

印刷

   2017年5月15日11時ごろから陸上自衛隊・北部方面航空隊所属の連絡偵察機「LR2」1機が函館空港(北海道函館市)周辺を飛行中に消息が途絶えた。同日13時5分から自衛隊や警察などが捜索を続け、16日午前に北斗市の山中で機体の一部とみられる破片と乗員4人を発見。後に4人とも死亡が確認された。同日夕方、防衛省の河野克俊統合幕僚長が発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中