はじめしゃちょー自宅に「牛糞400キロ」 活動休止中の悪質イタズラ被害を報告

印刷

   複数の女性との「二股騒動」の影響で活動を休止していた人気YouTuber「はじめしゃちょー」さん(24)が活動を再開し、約1か月半の休止期間中に体験した「ヤバい出来事」について動画で報告した。

   「約400キログラムの牛糞が、イタズラで送られてきました」――。頭を抱えてこう話すはじめさんの脇には、袋詰めの「牛糞堆肥」が山積みされている。その数は約30袋。これは全て、はじめさんの自宅に「代引き」で送られてきた商品だという。

  • 大量の牛糞の脇で頭を抱えるはじめさん(画像ははじめしゃちょー公式YouTube動画より)
    大量の牛糞の脇で頭を抱えるはじめさん(画像ははじめしゃちょー公式YouTube動画より)

休止から約1か月半で活動再開

   はじめさんは17年3月、同じ事務所に所属するYouTuberの木下ゆうかさん(32)ら複数の女性との二股交際が発覚し、謝罪動画を投稿。さらに同月末には、購入したばかりの練習用ゴルフクラブを真っ二つに折る内容の動画がメーカーに問題視され、「物を粗末にしている」と騒ぎになった。

   こうした騒動が頻発したことを受けて、はじめさんは3月30日に活動休止を発表。「自分の中で今、動画を作るモチベーションが低く」なっていると説明した上で、「少しの間ですが。動画をお休みさせていただきます」としていた。

   それから約1か月半。はじめさんは5月12日に、「ただいま」と題した新作動画を投稿。これは、はじめさんがカエルのぬいぐるみに「説教」をされるという設定で、一連の騒動について振り返る内容だ。

   その中ではじめさんは、活動休止中の過ごし方について「色々と問題を起こしたので、反省してました」と説明。ただ、YouTuberとして活動を始めてから長期の休みがなかったため、

「しっかり休めたので、結構リフレッシュできました」

とも話した。

   その上で、これからの活動方針について、

「間違いなく賛否両論あると思いますが、僕は自分のしたいことをします。そして、応援してくださることに感謝して、みなさんを大切にして、これからも動画を頑張っていきたいと思っております」

と視聴者に向けて語った。この動画は17日夕時点で860万回以上再生されており、20万件以上のコメントが寄せられている。

400キロの「牛糞堆肥」が代引きで

   こうした形で復帰を果たしたはじめさんだが、活動休止期間中にはアンチとみられる人物から「嫌がらせ」を受けていたという。5月14日公開の「休止中にあったヤバい事ランキング」と題した動画の中で、はじめさん本人が明かしている。

   自宅のガレージとみられる場所で撮影されたこの動画で、はじめさんは「僕の住所に代引きで、知らない人から荷物が送られてきて・・・」と告白。続けて、

「『何か頼んでたっけ』と軽い気持ちで受け取ったら、すごい量だったんです」

として、大量の「牛糞堆肥」がイタズラで送られてきたことを明かした。

   この牛糞堆肥は1袋14キログラム入り。それが30袋近く届いたため、総量は約400キロに達する。なお、メーカーの通販ページに書かれた説明文によれば、この堆肥は原料の牛糞とおがくずを混ぜ合わせ、圧縮して粒状に固めたものだという。

   大量に積み重ねられた牛糞堆肥を紹介したはじめさんは、受け取り時に払った価格について「何円だっけな?確か、4万円だった」と明かし、

「なんで受け取っちゃったんだろう...」

とこぼしていた。ちなみに、動画の終わりでは、今回のようなイタズラは通販会社や配達会社の方にも迷惑がかかるとして、「こういうことはしないで頂きたいと思っています」と注意していた。

   こうしたイタズラ被害を明かしたはじめさんに対し、ツイッターやYouTubeのコメント欄には、

「牛糞の奴はもはやアンチってより犯罪レベル」
「完全に第三者目線だけど、牛糞はドン引き、普通に被害届け出していいレベル」

といった同情の書き込みが上がっている。ただ一方で、はじめさんに批判的な立場のユーザーからは、活動休止中の出来事をネタにして動画を投稿することについて、

「まるで反省してないように見える」
「この人の活動休止の目的は『反省のための謹慎』じゃなくて、『リフレッシュのための休暇』だったんだ」

といった声も出ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中