矢口真里、ドッキリにブチギレ&号泣! 水曜日のダウンタウン企画に「神回」「やりすぎ」

印刷

   「私だって、やりたくてやってるわけじゃないですよ!」――タレント・矢口真里さんの涙ながらの叫びに、大笑いする人もいれば、ドン引きする向きも......。

   視聴者の反応が真っ二つに分かれたのは、2017年5月17日放映の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)だ。ドッキリ企画に引っかかった矢口さんは、怒りをあらわにするとともに、声を上げて大泣きする異例の展開となった。

  • ドッキリに矢口さんも困惑(2008年撮影)
    ドッキリに矢口さんも困惑(2008年撮影)

「テレビではお見せできない」マジゲンカに

   この日の番組では、視聴者から寄せられたさまざまな「説」が検証されたのだが、その一つとして取り上げられたのが、「矢口真里 説教食らった後にカラオケで『恋のダンスサイト』歌われてもさすがに『セクシービーム』入れづらい説」だ。

   モーニング娘。時代の持ち歌である「恋のダンスサイト」(2000年)で矢口さんは、「SEXY(セクシー)ビーム!」と歌詞に合わせて合いの手を入れるパートがある。説教を食らうというシチュエーションの後でも、矢口さんが十八番の「セクシービーム」を決めるかどうか検証する、というのが、企画の趣旨だ。

   たびたび共演、親交があるという遠野なぎこさんらが仕掛け人を務め、一同カラオケへ。当初は和やかに会話が進んでいたが、突然遠野さんが、

「ちょっとお勉強不足な部分を自覚した方がいいと思う、正直」

などと、矢口さんへの「説教」を始める。

   矢口さんはこれにかなり反発、「えっ、でもそれって遠野さんが私に言うことじゃなくないですか」「なんでそんなこと言われなきゃいけないんですか」などと言い返す。

「えっ、なんか迷惑かけました!?」

と言うころには、かなり「キレ気味」に。ついには、

「じゃあ私断りますよ、今回の仕事」

と、明らかな怒りをあらわにした。

ダウンタウンの両人は大笑い

   「あまりテレビではお見せできない、マジな口げんか」とのナレーションとともに、VTRは早送りに。会話の内容はわからないながらも、険悪なムードなのは見て取れる。そしてとうとう矢口さんは、

「私だって、やりたくてやってるわけじゃないですよ!」

と涙声で叫ぶと、そのまま泣き出してしまった。

   ここで、本筋の「検証」が始まり、遠野さんが唐突に「恋のダンスサイト」を歌い始める。だが、矢口さんは涙をぬぐうばかり。「セクシービーム」のパートが来ても、顔を伏せたままだ。

   直後にネタ晴らしされると、矢口さんは両手で顔を覆い、声を上げながら文字通りの「号泣」。遠野さんも「本当にごめんなさい」と泣き出してしまい、抱き合い、お互いに謝りながら泣くという結末に。

   この「ガチ」感あふれる展開に、視聴者の好悪ははっきりと分かれた。

「今回の水曜日のダウンタウンは神回だったな」
「しかしまあ今回は矢口真里に全て持ってかれましたね......捩れるくらい笑った」
「矢口のドッキリノーカット版みたいわー」

   と大受けする視聴者も目立つ一方、「かわいそうだよ、これ」「笑えなかったなぁ......矢口は全然好きじゃないけど悪ふざけの範囲を超えたと思うな」「矢口と遠野さんのやつひどいドッキリだな 2人ともかわいそう」と、矢口さんらに同情する反応、あるいは「矢口真里感じ悪すぎるやろ」といった声も少なくない。

   なお、番組中でダウンタウンの浜田雅功さんと松本人志さんは、身をよじって大笑い。浜田さんが明かした収録の裏話によれば、これまで説教していた遠野さんが急に歌いだしたとき、矢口さんは「気狂ったと思った」そうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中