朝日特ダネ資料は「怪文書みたいなもの」? 加計学園めぐり今度は「日付」入り

印刷

   安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)をめぐる「新文書」の信ぴょう性をめぐる攻防が続いている。

   2017年5月17日時点では、文書に作成日時が記されていないことなどを理由に政府は「怪文書みたいなもの」と一蹴していた。だが、翌18日には、日付・時刻や出席者入りの文書の存在が浮上。それでも政府は「信ぴょう性は定かではない」と立場を変えていない。ただ、安倍政権に近いジャーナリストは、文書が「本物」だとの見方をテレビ番組で披露している。野党は安倍首相の関与を追及したい考えだが、果たして局面は動くのか。

  • 菅義偉官房長官は文書の「信ぴょう性が定かではない」と主張している(2017年5月撮影)
    菅義偉官房長官は文書の「信ぴょう性が定かではない」と主張している(2017年5月撮影)

「作成日時だとか作成部局だとか」...

   文書は、加計学園が特区に獣医学部を新設する計画をめぐり、特区を担当する内閣府が、手続きを渋る文科省に対して「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと早期の対応を求めたとする内容。朝日新聞が2017年5月17日付朝刊の1面トップ(東京本社最終版)で最初に報じた。

   菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で

「あの文書がどういう文書かさえ、その作成日時だとか作成部局だとか、そういうのが明確になっていないのではないか。通常、役所の文書はそういう文書じゃないと思いますよ」
「誰が書いたか分からない、そんな意味不明なものについて、いちいち政府で答えるようなことはない」

と文書の信ぴょう性を疑問視。同日午後の会見では

「怪文書みたいなものなのではないか。出所も明確になっていない」

と、さらに不快感を強めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中