2019年 1月 16日 (水)

「スクープ泥棒」批判めぐり「新潮」「文春」が応酬

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   首都圏などで2017年5月18日に発売された「週刊新潮」5月25日号で、発売前の同誌の中づり広告を「週刊文春」が不正に入手し「スクープ泥棒」を行っていたなどと報じた問題で、週刊文春は同日、新谷学編集長名のコメントを公式サイトに掲載した。

   コメントでは、「情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と反論。「情報収集の過程で、他メディアの動向をつかむことはしばしばあります。そうした『情報戦』は、さまざまな形で新聞やテレビなどのメディアも行っています」とした。

   この主張を受け、「週刊新潮」編集部も同日に声明を発表。不正疑惑について何ら釈明が無く、また、文春側の説明が正当な「情報戦」に該当しないとし「潔く非を認めない週刊文春編集長の対応は、全く意外であり、驚きを禁じ得ません」と批判。その上で、

「同誌の編集部の中には、このような不正を働かなくても、週刊新潮と充分戦えると思っていた記者はたくさんいたはずであり、文春の記者の方々が気の毒でなりません」

と皮肉った。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中