「毎日かあさん」が連載終了へ 西原理恵子さん「お母さんが終わったから」

印刷

   漫画家・西原理恵子さんが毎日新聞で連載中の漫画「毎日かあさん」が2017年6月26日、02年10月から足かけ16年の長期連載に終止符を打つ。中高年女性のリアルな人生を描く新連載が10月から同紙で始まる予定だ。

   「毎日かあさん」は、西原さんが2児の子育てを通じた日常を描いたギャグ漫画。毎週日曜に掲載され、終了時で723回にのぼる。単行本の売り上げは、累計約240万部。04年に文化庁メディア芸術祭賞、05年に手塚治虫文化賞の短編マンガ部門を受賞した後、09年にテレビアニメ化(テレビ東京系)、11年に小泉今日子さん主演で映画化された。

   西原さんは連載終了について、22日付の同紙で

「(連載終了を決断したのは、)お母さんが終わったからです。うちでは16歳が独り立ちの時と決めていて、下の娘がその年齢に達しました」
「後は自分の好きな人生を送らせてもらいます。子育て終わり。お母さん卒業。各自解散!」

と述べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中