2019年 8月 21日 (水)

プリクラ添えた「流産報告ツイート」に賛否 「理解できない」「これも供養の形」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「最後に、家族みんなでプリクラを撮りに行きました」――。そんな説明書きと共にツイッターに投稿された画像が、インターネット上で賛否を広げている。

   その画像とは、胎児が「流産」したことを報告するプリクラ写真だ。そこには、20代前半とみられる若い母親が、胎内の様子を撮影した「エコー写真」を手に笑顔を浮かべる姿が写っている。

  • プリクラでの流産報告はアリなのか(画像はイメージ)
    プリクラでの流産報告はアリなのか(画像はイメージ)

「●●ちゃんがお空に行きました」

   今回のプリクラ写真がネット上で注目を集めたのは2017年5月23日のこと。あるツイッターユーザーが、「ふ、ふーん。 色々な追悼方法があるんだね」などとして、写真を公開した母親の行為を問題視するツイートを投稿したことがきっかけだ。

   この母親は、「●●ちゃんがお空に行きました(伏せ字は編集部、原文では子供の名前)」などとして、ツイッターに3枚の画像を投稿していた。1枚は胎内の「エコー写真」を大写しにしたもので、残りの2枚は家族で撮ったプリクラだ。

   2枚のプリクラには母親とその夫、子供の3人が写っている。どちらの写真でも、母親は手に持った「エコー写真」を胸の前に掲げ、ニッコリと笑顔を浮かべている。また、こうした写真のうち1枚には、

「パパ、ママの一番星は●●だよ!見守っててね(ハートマーク)」

といった文章が、プリクラの「ラクガキ機能」を使って添えられていた。

   こうした写真をツイッターに公開した母親の行為について、インターネット上では賛否の大きく分かれた意見が出ている。ツイッターやネット掲示板には、

「色んな形の残し方があると思う」
「これも供養の形じゃねぇの?」
「可愛がりたかった気持ちは伝わってくる」

と理解を示す意見もあれば、その一方で、

「本当に悲しかったら笑顔でプリクラなんて撮れない」
「辛い気持ちを切り替えたいのは分かるけどツイッターに公開する神経は理解できない」
「なんで何でもかんでもSNS上げるんや」

といった否定的な声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中