娘と「ドラマのような」12年ぶり再会 ラーメン店主の告白に「泣ける」「ほっこり」

印刷

   東京都墨田区のラーメン店「吉法師(きっぽうし)」の男性店主が体験した「ドラマのような出来事」が、インターネット上で「泣ける」「ほっこりした」などと反響を広げている。

   多くのネットユーザーを感動させた出来事が起きたのは、2017年5月20日夜のこと。ラーメンを食べに来店した一人の若い女性が、退店時に一枚の「メモ」をテーブルに残していった。そのメモに書かれていた、「まさか」の内容とは――

  • 娘が残したメモが「泣ける」(画像は吉法師公式ツイッターアカウントより)
    娘が残したメモが「泣ける」(画像は吉法師公式ツイッターアカウントより)

「(ラーメン店を)開業して良かった」

   「吉法師」の店主は20日深夜、店の公式ツイッターアカウントに一枚の画像を投稿した。それは、この日の夜に来店した女性が、店の紙ナプキンに残していったメモだ。そこには、かわいらしい丸文字で、次のような言葉が書かれていた。

「パパへ お久しぶりです。●●です。社会人になったので会いに来ました。元気そうで安心しました。お仕事の邪魔したらまずいと思ってこのような形にしました。すみません。ラーメン美味しかったです。また来ます。●●」(伏せ字は編集部、原文では実名)

   店主のツイッターでの説明によれば、メモを残した女性は「12年振りに会う娘だった」というのだ。

   思わぬ形で再会した娘は22歳。これまでの10年以上、店主は娘に連絡を取る手段がなかったという。そのため、店主は突然の再会に驚いた様子を見せつつも、

「とても嬉しい出来事でした」「(ラーメン店を)開業して良かった」

などと喜びを表すツイートを寄せている。

   ただ一方で、あまりに急な再会だった故に、店主にはほんの少しの後悔もあるようだ。それは、来店した娘の顔を「よく見ていなかった」こと。店主はこうした後悔をツイッターで明かした上で、

「もう一度キチンと会いたいです」

とも呟いていた。

「またきっと来てくれると思いますよ。絶対に」

   12年ぶりに再会した親子のドラマチックな一幕について、ツイッターやネット掲示板では、

「素敵なエピソードにほっこりしました」
    「泣ける話ですね」
    「またきっと来てくれると思いますよ。絶対に」
    「娘さんもパパに会いたくて仕方なかったんでしょうね。今度会った時はお話できたらイイですね」

といった好意的な反応が相次いでいる。

   なお、J-CASTニュースは5月25日、吉法師の店主に対し、今回の出来事について電話取材を申し入れたが、「あくまで個人的な話になりますので、ツイッターに書き込んだ内容以上の話はちょっと遠慮させてください」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中