ジャカルタで自爆テロ 警官3人が死亡

印刷

   2017年5月24日、インドネシアの首都ジャカルタ市内のバス停近くで爆発が2度発生し、警官3人が死亡し、10人が負傷した。各メディアが報じた。

   爆発は5分間に2度発生し、実行犯と見られる2人も死亡した。実行犯の背後関係は不明だが、インドネシアでは2016年1月に過激派組織IS支持者のテロにより、4人が死亡している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中