2018年 10月 24日 (水)

「女子挺身隊」AV作品が発売中止に 「慰安婦」だと韓国紙が主張

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   戦時中の女子挺身隊を扱ったAV作品について韓国紙が「慰安婦」だと主張したことを巡り、この作品を制作したメーカーのヒビノが2017年5月26日までに発売を中止にしたことをJ-CASTニュースの取材に明らかにした。すでに同社の公式サイトからは、作品が削除されている。

「対応人員も金銭的余裕もなく、やむを得ず」と説明

   この作品は、「昭和女のエレジー」というシリーズもので、勤労動員される挺身隊になった女性3人が東京近郊の軍需工場で軍人たちから性的な凌辱を受けるというストーリーだ。

   6月1日に発売予定だったが、韓国の大手紙「中央日報」が韓国語のウェブ記事で5月22日、挺身隊は韓国では慰安婦も含むとされており、ネット上で非難を浴びていると報じていた。なお、日本では、挺身隊を慰安婦と同一視することは言葉の混同だとされている。

   ヒビノは、取材に対し、挺身隊について、「慰安婦とはまるで違う物であると理解しています」と説明した。韓国で慰安婦を含むとされていることは初めて知ったといい、登場人物の女性3人はあくまでも日本人だと強調した。今回の作品は、日本国内での販売のみで、韓国での販売などは想定していないとし、「寝耳に水で驚きました」と困惑した様子だ。

   また、「監督も当社も政治的意向は無く、大人向けの娯楽作品、アダルトファンタジーで史実に基づいておりません」と理解を求めたが、「表現者である我々ですが、社会的には非常に弱い立場で、多くの皆様がAV作品を表現行為、映像作品として理解していただけないことも多いのが現実です」と苦悩も明かした。

   そして、「残念ながら、対応する人員も金銭的余裕も御座いません。やむを得ず発売を中止にする事に致しました」と事情を述べている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...