グーグル、アルファ碁の「引退」発表  世界最強棋士を相手に3連勝

印刷

   米グーグルは2017年5月27日、傘下のディープマインドが開発した人工知能(AI)「アルファ碁(AlphaGo)」の囲碁AIとしての活用を終了することをブログで発表した。今後はよりアルゴリズムを進化させ、病気の治療法の発見や、エネルギーの消費量削減などに取り組むという。

   アルファ碁は16年3月、韓国のプロ棋士・李世ドル(イ・セドル)氏と対局し、4勝1敗と大きく勝ち越した。17年5月に行われた中国の世界最強棋士、柯潔(カ・ケツ)九段との3番勝負では、3連勝と圧倒した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中