「大関・高安」が誕生 好きな言葉「正々堂々」を口上に

印刷

   日本相撲協会は2017年5月31日、大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇・高安(27=田子ノ浦部屋)の大関昇進を正式に決定した。大関昇進の伝達式が同日、都内のホテルで行われた。

   高安は使者に「謹んでお受けいたします。大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します」と口上を述べた。

「(『正々堂々』は)自分の一番好きな言葉ですから。自分の正直な気持ちを言えた。みなさんに喜んでもらって、また相撲が盛り上がるように努力したい」

   伝達式には故郷・茨城の両親や、兄弟子の横綱・稀勢の里が駆け付けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中