「冷やし中華」芸人AMEMIYAの企業秘密 今も月収260万円を稼げるワケ

印刷

   「冷やし中華はじめました」の歌ネタでブレイクしたAMEMIYAさん(38)は、テレビにほとんど出演していない現在も、大金を稼ぎ続けている。

   その秘訣は、AMEMIYAさんの「企業努力」にあった。

  • 「マイナンバーカードはじめました~」(内閣府公式ユーチューブから)
    「マイナンバーカードはじめました~」(内閣府公式ユーチューブから)

3社のテレビCM、内閣府のPR動画も

   「素直にすげぇ」「こういう地味な努力の有無が明暗を分けるんだろうな」「本当の意味での芸人ですね」。テレビ東京で2017年6月2日未明に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ」で、AMEMIYAさんの稼ぎぶりが総集編として改めて紹介されると、ツイッター上などではこんな賛辞の声が上がった。

   番組には、AMEMIYAさんも出演し、そのギャラ事情を詳しく解説した。

   それによると、ギター弾き語りによる「冷やし中華」の歌ネタが2010年に流行ったときは、最高月収がなんと900万円にも達した。そのうち給料が500万円で、歌ネタのCDによる印税が400万円だったそうだ。しかし、その後はテレビ出演が減り出し、16年の出演は数回だけに留まった。

   ところが、そんな中にあって、16年10月の月収は3ケタに達していたというのだ。AMEMIYAさんが示した給与明細には、260万8822円と支払額が書かれてあった。これには、出演者らから「凄い」「一発屋じゃないね」などと驚きの声が上がった。

   パチンコ店やブックオフのCMに出演し、「~はじめました」と歌ネタを披露しており、現在も3社のCMが流れている。さらに、内閣府からもCMの依頼を受け、ミスターマイナンバーカードとして公式ユーチューブなどに出演している。

   また、企業の○○周年パーティーや結婚式の披露宴でも歌ネタを披露しており、こうした営業で稼いでいるという。

10月まで週末予定が埋まる

   AMEMIYAさんは、企業パーティーなら、事前に企業のことすべてをネット検索で調べ、歌ネタの歌詞に「あるあるネタ」を盛り込む。そして、企業のオリジナルソングを作っている。月に平均して12、3本も予定を入れており、夏は「冷やし中華」を思い出してもらえることから、20本ぐらいに増えるという。「夏はおかげさんで、クリーニングが間に合わないですね」といい、同じ衣装を6着持っている。

   結婚式の披露宴では、夫婦に捧げる歌を作り、「熱い夫婦はじめました」とお馴染みのフレーズを繰り出す。AMEMIYAさんは、作曲もしているが、このメロディーは変えない方が安心してもらえるそうだ。ただ、それ以外は、企業パーティー同様に、新郎新婦に事前アンケートを取り、そこから2人のオリジナルソングを1から作ると明かした。

   所属事務所とともにAMEMIYAさんの営業を担当しているエイスリーのヒーローキャスティング事業部では6月2日、J-CASTニュースの取材にこう話す。

「音楽番組の『HEY!HEY!HEY!』で嵐やAKBメンバーら芸能人に捧げる歌を作っていたんですが、4年ほど前から一般の方の結婚式でも捧げる歌を作って披露するようになりました。それがクチコミで広がって、昨夏の3か月間で問い合わせが50本ぐらい来るほどになっています。現在も同じぐらい来ており、9、10月まで毎週末の予定が埋まっている状態です。『熱い夫婦』の歌ネタでは、初デートや好きな場所のほか、新郎新婦がそれぞれ初めて知るような内容も盛り込んでおり、来ている方が笑ったり感動したり関心を持ってもらえるようにやっています」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中