2018年 9月 24日 (月)

杉本苑子さん死去、91歳 「文化勲章」受章の直木賞作家

印刷

   小説家の杉本苑子さんが2017年5月31日、老衰のため静岡県熱海市内の自宅で死去した。91歳だった。

   東京都生まれ。51、52年に雑誌「サンデー毎日」の懸賞小説に入選し、選考委員だった吉川英治氏に師事した。『孤愁の岸』で直木賞(63年)、『滝沢馬琴』で吉川英治文学賞(78年)、『穢土荘厳』で女流文学賞(86年)。87年に紫綬褒章、95年に文化功労者、2002年には文化勲章を受けた。

   1997年には熱海市名誉市民となった。熱海市公式サイトによると、すでに葬儀は6月2日に親族のみで行ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中