2018年 7月 19日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
NYの「例外」スタテン島に行ってみた

印刷

   映画『ワーキング・ガール(Working Girl)』(1988)で、証券会社で働くテスを乗せたフェリーは、スタテン島(Staten Island)を出て、朝日輝くニューヨーク・ハーバーをマンハッタン島へと進む――。

   ニューヨーク市の南西部に位置し、マンハッタンのベッドタウンとしても知られるスタテン島。じつは、極端に民主党寄りのニューヨーク市のなかで、例外的にトランプ支持率が高い。

  • スタテン島行きのフェリーから見る自由の女神
    スタテン島行きのフェリーから見る自由の女神
  • スタテン島南岸の閑静な住宅地
    スタテン島南岸の閑静な住宅地

トランプ支持8割の白人の町も

   2017年5月中旬に行われた世論調査では、支持率に陰りが見られるものの、今でも全体の40%がトランプ氏を評価している。2016年11月の大統領選で同氏に投票した割合は、ニューヨーク市全体で18.4%、マンハッタンでは9.87%だったのに対し、スタテン島では56.86%と、大きく上回った。16年4月の予備選挙ではトランプ支持が82%と、全米のどの地域より高かった。

   スタテン島には、トランプ氏の支持層と重なる白人のブルーカラー労働者が多く住んでいる。白人の割合も、ニューヨーク市全体では44.7%なのに対し、スタテン島では77.6%とかなり高い(2010年の人口統計)。とくに南岸では支持層が厚く、同氏への投票率が80%近い地域も多い。

   私は住民たちの声を聞くために、マンハッタン最南端からフェリーに乗った。これまでもフェリーには何度も乗り、島に下りたこともあるが、南岸まで行ったことはない。

   朝夕のラッシュアワーには通勤客で込み合うこのフェリーは、今も24時間、無料で運行している。自由の女神のそばを通るため、観光客の利用も多い。

   この日も自由の女神が見え始めると、イギリス英語を話す観光客らしき青年が、「Freedom!(自由!)」と叫んだ。

   25分ほどでスタテン島に着く。観光客のほとんどは、そのままUターンしてマンハッタンに戻る。私はそこで島を南下する電車に乗り換えた。終点まで40分ほどかかる。島の面積は、マンハッタン島の2.6倍だ。

   北部にニューヨーク・ヤンキース傘下のマイナーリーグの本拠地もあるが、この島を訪れたことがないニューヨーカーも多い。島の大半は、一軒家が並ぶ閑静な住宅地だ。

   この島の北側では、まもなく開業予定の世界最大の観覧車や大規模な公園の建設など、今まさに開発が進んでいる。

   電車ですぐそばに、ダークスーツに星条旗色のネクタイ姿で、胸に小さな星条旗のバッジを付けた男性が座っていた。トランプ大統領について意見を求めると、よどむことなく話し始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中