2018年 10月 16日 (火)

自民・古屋氏、金正恩氏は「デブどうしようもない人」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自民党の古屋圭司選対委員長は2017年6月4日に岐阜県瑞浪市で行った街頭演説で、北朝鮮の金正恩委員長について「デブでどうしようもない人」と呼び、北朝鮮について「みんな首根っこかかれたり、ミンチになっちゃったりする。そういう国だが、それでもやっているのだから、ただ者ではない」などと批判した。共同通信などが報じた。

   古屋氏の公式サイトに掲載されている演説の要約によると、北朝鮮が2017年に入ってから9回ミサイル発射を強行していることを念頭に、そのスタンスを改めさせるためにも圧力の必要があると訴えた。また、拉致問題に関しても、「徹底した圧力からのみその解決への道を見出せる」とした。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...