2019年 10月 18日 (金)

ツバメの巣「破壊」でヒナ落下 JR、フン苦情うけ対応中にミス

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   神奈川県相模原市内のJR相模湖駅前で、ツバメのフン掃除をしていた駅員が巣を壊してしまい、ヒナが落下していたことが分かった。

   JR東日本八王子支社によると、目撃したという人からヒナは車にひかれて死んだとの情報が寄せられたが、八王子支社では、ヒナの死は確認しておらず、巣については、「故意ではなく誤って壊した」と説明している。

  • ヒナ1羽が落下していた(写真はイメージ)
    ヒナ1羽が落下していた(写真はイメージ)

誤って掃除道具を巣にぶつけてしまい...

   駅員が掃除をしていたのは、駅前のバス・タクシー乗り場の屋根だ。八王子支社の広報課が2017年6月5日にJ-CASTニュースの取材に答えたところによると、フンの汚れがあると駅の利用者から苦情があり、駅員2人が5月27日、高さ3メートルの屋根の下にある巣の周りの壁や蛍光灯を長い柄の先に布がついた道具でふき始めた。

   すると、駅員が誤って掃除道具を巣にぶつけてしまい、巣の半分ほどを壊して、ヒナ1羽が下に落ちてしまったという。

   その後、目撃したという人からJRのホームページ経由で意見があり、「巣を壊していたのではないか」と指摘があった。ヒナはよちよち歩いた後、車にひかれて死んでしまったという。

   八王子支社では、駅員は落下したヒナを見失ったと言っているといい、柄のある道具だったため故意に壊したと誤解を招いたのではないかと釈明した。壊したのが意図的なものなら、殺傷したり卵を損傷したりすることを禁じた鳥獣保護管理法の第8条に違反するが、八王子支社では、「違反とは考えていません」と言っている。

   しかし、結果的にヒナのいる巣を壊してしまったため、八王子支社では5月30日、神奈川県の県央地域県政総合センターにそのことを報告した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中