「ガン消し」買い取り価格50万円 驚くべきプレミア化

印刷

   1980年代に大ブームを巻き起こした「ガンダム消しゴム」(ガン消し)が、いま好事家の間で「驚くような値段」で売買されている。抽選や限定品など特に希少価値の高い商品ともなれば、一体あたりの買い取り価格が数十万円になることもザラだ。

   「レアなタイプが入荷すれば、どんなに値段が高くてもすぐ売れます。『キン消し』よりはマイナーかもしれませんが、ファンは多いんです」――。そう語るのは、コレクター向けのレトロ玩具専門店「ゼウスの森」の岩城帝熙(ていき)店主だ。

  • 押入れの「ガン消し」がプレミア価格で売れる!?(画像はゼウスの森ウェブサイトより)
    押入れの「ガン消し」がプレミア価格で売れる!?(画像はゼウスの森ウェブサイトより)

レアなタイプが入荷すると、すぐ売り切れ

   そもそも「ガン消し」とは、バンダイが1985~93年にかけて販売していたカプセルトイのこと。PVC(ポリ塩化ビニル)製の単色フィギュアで、人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツを二頭身から三頭身にデフォルメしている。

   上述の「ゼウスの森」がウェブサイトで公表しているガン消しの「買い取り価格表」を見ると、思わず目を疑うような金額が書かれている。

   例えば、抽選プレゼント品だという「四代目大将軍(特大彩色版)」。仮に付属の「武器パーツ」が未使用状態であれば、その買い取り価格は50万円だ。ほかにも、数万円から数十万円で買い取りを行うという商品の名前がズラっと列挙されている。

   ただ一方で、同店の販売リストをみると、数十万円単位の値がついている商品はない。その理由について、店主の岩城さんは2017年6月6日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「そもそも、レアな商品はほぼ入荷しないんですよ。数十万円の値がつくようなものは、ほとんど市場に出回っていません。そのため、レアな商品が入荷した場合は、すぐに売れてしまうんです」

と説明した。

   ただ、全てのガン消しが高額で売買されている訳ではない。「ゼウスの森」の販売ページを見ると、300円程度で販売されている商品もある。そのほか、オークションサイト「ヤフオク!」でも、大半の出品には数千円程度の値段がつけられていた。

価値が高いのは「1992年以降」のタイプ

   今回「ガン消し」のプレミア化が話題になったのは、ネット掲示板「2ちゃんねる」に6月5日に立てられたスレッドが発端だ。そのタイトルは、

「ガン消し(ガンダム消しゴム)がとんでもない値段で販売されている事が判明 お前ら今すぐ実家の押し入れ漁れ!」

というもので、スレッド内には「段ボールいっぱいあったぞ どこにいったかな」「山ほど持ってる」と売却に前向きな書き込みが相次いでいた。

   とはいえ、先述の岩城さんは「付属の武器パーツが型から切り抜かれていると、価値が大きく下がってしまうんです」と話す。また、ガン消しはおよそ2000近くの種類があるが、そのうち高い値段がつくのはごく一部。そのため岩城さんは、

「押し入れなどに保管してあったガン消しを送って頂くケースが多いのですが、その大半が1体10円くらいの買い取りになります。仮に武器パーツが無い場合も価値が大きく落ちるので、高い値段がつくのは本当にごく一部なんですよ」

と説明する。ただ、「ガン消しはとにかく種類が多いので、レアな商品が紛れている可能性も十分にありますよ」とも話していた。

   ちなみに、どんなガン消しが高値で取り引きされるのかを聞くと、

「意外に思うかもしれませんが、新しいガン消しの方が高いんですね。具体的には、1992~93年ごろのタイプです。この頃はすでにブームが下火となっていて、そもそもの出荷数が少ないので、全体的に価値が高いんですよ」

と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中