2018年 11月 18日 (日)

日本原子力研究開発機構で5人被ばく、1人の肺から最大2万2000ベクレル検出

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2017年6月6日、日本原子力研究開発機構(原子力機構)の大洗研究開発センター(茨城県大洗町)内で作業員5人が被ばくする事故が起き、うち1人の肺から最大で2万2000ベクレルの放射性物質が計測された。7日、原子力機構が発表した。

   5人の作業員は、6日、センター内で核燃料物質を収納してある貯蔵容器を点検中に、容器が封入されているビニールバッグの破裂を確認。その後の検査で、5人全員の手足の汚染が確認され、うち3人の鼻腔内からは24ベクレルが検出されていた。

   現在、作業員は放射線医学総合研究所(千葉市)に搬送されており、内部被ばくに関する検査が行われる予定。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中