2018年 7月 20日 (金)

パリ・ノートルダム大聖堂で警官襲われる テロの可能性も

印刷

   2017年6月6日(現地時間)、フランス・パリのノートルダム大聖堂前の広場で、ハンマーを持った男が警備にあたっていた警官を襲撃し、警官が軽傷を負った。ロイター通信などによると、別の警官が発砲して反撃し、男は胸を負傷。病院に運ばれた。

   フランスのコロン内相は、男はアルジェリアの学生証を持っており、事件時は「シリアのためだ」叫んでいたと説明。検察当局はイスラム過激派によるテロの可能性も視野に捜査を始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中