2019年 1月 17日 (木)

平野美宇はAKBのガチオタ 「48」年ぶりメダルで思いぶちまけ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   卓球・世界選手権の女子シングルスで48年ぶりにメダルを獲得した平野美宇選手(17)の「ガチオタ」ぶりが評判だ。

   メダル確定直後のインタビューで「アイドルが好きなので、『48』で嬉しい」と発言したことに、グループ関係者が次々にツイッターで反応。これに触発されたのか、具体的なメンバーや楽曲名を次々に挙げながら「かわいすぎて目がもげた」などと連日のように「AKB愛」をぶちまけている。

  • 「アイドルファン」として知られる平野美宇選手(2017年1月撮影)
    「アイドルファン」として知られる平野美宇選手(2017年1月撮影)
  • HKT48「なこみく」の矢吹奈子さん(2016年2月撮影)
    HKT48「なこみく」の矢吹奈子さん(2016年2月撮影)
  • HKT48「なこみく」の田中美久さん(2017年4月撮影)
    HKT48「なこみく」の田中美久さん(2017年4月撮影)

「前のめりのころからテレビで見てます」

   平野選手は準々決勝を勝ち抜いてメダル獲得が確定した直後の2017年6月2日深夜(日本時間)のインタビューで、「48年ぶり」だという点について

「自分はアイドルが好きなので、『48』で嬉しいです」
「(48という数字を)見た時から、48って書いてあって、総選挙とかすごく期待しているというか、楽しみにしているので、AKBみたいで嬉しいなと思いました」
「(乃木坂・欅坂)46が大好きなので、46年ぶりでも嬉しかったです」

と発言。平野選手の「アイドル好き」は卓球ファンの間では知られていたが、インタビューの発言で、AKBメンバー含めてさらに広く知られることになった。

   インタビュー直後に、元AKB48・NMB48の梅田彩佳さん(28)が

「みうちゃんの会見かわいい」

とツイート。平野さんは、この書き込みを見つけてリツイート(転送)した。SKE48の後藤楽々(らら)さん(16)もインタビューについて

「応援してくださる方とアイドルが自分の原動力ですって言ってるのを今ちょうどテレビで見てて自分と1つしか年齢が変わらない美宇さんの活躍に私もすごいなと尊敬しちゃうなって今思いました」

とツイートし、それを見つけた平野選手は

「えー 嬉しいです 前のめりのころからテレビで見てます」

と返信した。「前のめり」とは、15年8月に発売され、後藤さんが初めて「選抜メンバー」に選ばれたSKE48の楽曲だ。

「なこみくのとなりのバナナがかわいすぎて目がもげた」

   6月5日には、「選抜総選挙」への投票を呼びかけるNMB48の植村梓さん(18)のツイートに「応援」と返信。6日には、欅坂46のメンバーがブログで世界卓球に触れていることを知り、

「不協和音ずっと聞いて試合していたので嬉しいです」

と喜んだ。「不協和音」とは17年4月発売の欅坂46の最新曲だ。

   続いて平野選手は、

「なこみくのとなりのバナナがかわいすぎて目がもげた。生意気リップスのイメージが強すぎて衝撃をうける」

とツイート。「なこみく」はHKT48の矢吹奈子さん(15)と田中美久さん(15)、「となりのバナナ」は07年12月に始まったAKB48の劇場公演の楽曲のことを指す。「なこみく」の2人は、この楽曲を17年4月のNHKの番組で披露している。一方、「生意気リップス」は14年9月発売のHKT48のシングルで「なこみく」向けに書き下ろされた。平野選手としては、2年半の「なこみく」の成長ぶりに「かわいすぎて目がもげた」ようだ。

   大会はドイツ・デュッセルドルフで行われていた。これらのツイートはすべて現地から書き込まれたものだ。

   平野選手ら日本代表団は6月7日に成田空港に帰国。帰国後やりたいことを聞かれ、平の選手は「焼き肉」と即答した。平野選手は16年5月に、元AKBメンバーの内田真由美さん(23)がプロデュースする焼き肉店「IWA」(東京都新宿区)で撮影したとみられる写真をツイートしたこともある。近々「IWA」に姿を見せる可能性もありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中