「友達全然いない」フジ男性新人アナ 紹介動画に「俺そっくり」共感広がる

印刷

   「短所は人見知り」「友達も全然いない」――。フジテレビの新人アナウンサー・黒瀬翔生(しょうい)さん(22)が、インターネット上で「俺そっくり」「好感もてる」などと妙な共感を集めている。

   黒瀬さんに注目が集まることになったのは、動画配信サイト「フジテレビオンデマンド」(FOD)で2017年6月5日に公開された一本の動画がきっかけだ。そこには、黒瀬さんが大学時代の「苦い思い出」を語る姿が収められていて......。

  • 黒瀬アナは「俺そっくり」?(画像はフジテレビ公式サイトより)
    黒瀬アナは「俺そっくり」?(画像はフジテレビ公式サイトより)

「人見知りで、人に話しかけることができなくて...」

 

   黒瀬さんは2017年4月にアナウンサーとしてフジテレビに入社。出身地は長野県安曇野市で、昨16年度まで法政大学法学部に在籍していた。細身で整った顔立ち、まさに爽やかなイケメンといった見た目をしているが、意外にも短所は「人見知り」なこと。

 

   FODで6月5日に公開された新人アナウンサーの紹介動画の中で、黒瀬さんは自身の短所について次のように話している。

「人見知りで、なかなか人に話しかけることができなくて...。そのせいなのか、友達も全然いなくて。だからひとりの時間が多いんですよ」
 

   さらに続けて、人見知りならでは大学時代の珍エピソードも披露した。黒瀬さんはどこか自嘲気味に笑いながら、

「家から大学へ行って、また家に戻ってくるまでの間、一言も喋らなかったことがあって。ちゃんと授業は受けてるんですけどね、一言も喋らずに...」

と明かした。

 

   こうした黒瀬さんのエピソードが、一部ネットユーザーの間で妙な共感を集めることに。ツイッターやネット掲示板には、

「ガチ好感もてる」
「完全に俺だ」
「俺そっくりだわ」

といった書き込みが出ている。

「まだ研修中の身ということもありますので...」

   こうした注目を集める黒瀬アナは、いったいどんな人物なのだろうか。

   フジテレビ公式サイトのプロフィールページによれば、趣味は料理とクレーンゲーム。好きな食べ物は「大盛りの白米」で、一度に三合をたいらげてしまうほどの大食い。「休みの日の過ごし方」については、「家でマンガを読んだりテレビを見たり」することが多いという。

   特技は「ハイパーヨーヨー」と「ルービックキューブ」。このうちルービックキューブについては、上述したFODの動画内でその腕前を披露している。

   6面全部を揃えるのにかかる時間は「だいたい1分くらい」と豪語していた黒瀬アナだが、カメラの前で緊張してしまったのか、まさかの大苦戦。途中でキューブを誤って壊してしまい、パーツの一部が宙に飛び出すアクシデントも起き、かかった時間は4分4秒。この結果に黒瀬アナは、

「いやあすごい(時間が)かかってしまいました。悔しいですね」

と肩を落としていた。

   この動画の中で黒瀬アナは、アナウンサーとしての「夢」についても言及している。そこで「スポーツに何かしらの形で関わりたい」と明かした黒瀬アナは、今後「スポーツ実況」や「スポーツ現場のレポーター」などを担当していきたいと語っていた。

   J-CASTニュースは6月8日、黒瀬アナのキャラクターを深掘りするため、電話でのインタビュー取材をフジテレビ広報部の担当者に申し入れたが、

 

「まだ研修中の身ということもありますので、今回はお断りいたします」

とのことだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中