築地再整備の選択はあるのか 小池知事、都議選前に豊洲「判断」示唆

印刷

   東京都の小池百合子知事は2017年6月9日の定例会見で、築地市場の豊洲移転問題を議論する都の市場問題プロジェクトチーム(PT)から出た「築地再整備案」について、「豊洲ありきでこれまで進めていたのが、築地の見直しに触れたのが1つのポイント」との見方を示し、「総合判断の材料」にすると述べた。

   その後の「都民ファーストの会」代表としての記者会見では、「総合判断」を下す時期を、6月23日告示の都議会議員選挙の前になる可能性を示唆した。

  • 小池百合子氏(2017年6月1日撮影)
    小池百合子氏(2017年6月1日撮影)

「築地の見直しに触れたのが報告書の1つのポイント」

   市場問題PTは5日に第10回会議を終え、報告書をまとめた。小池知事は定例会見で「大変な力作」と評価した上で、内容について「『豊洲移転案』と『築地再整備案』の両面でいろいろと分析がなされたと承知をしている。豊洲ありきでこれまで進めていたのが、築地の見直しに触れたのが今回の報告書の1つのポイントだと思う」と述べた。報告書の提出は13日に受ける予定で、「多方面から分析がなされているので、総合判断の材料の1つとして受け止めさせていただく」とした。

   小池知事は「私の政権公約」と題した9日発売の「文藝春秋」(7月号)への手記でも「築地市場の改修案も市場問題PTから出され、百花繚乱の様相を呈している」としながら「ここはアウフヘーベンすることだ」とつづっている。アウフヘーベンという言葉を用いた意図を会見で問われると、「いったん立ち止まってより上の次元にという、日本語では『止揚』と表現される言葉だ」とした上で以下のように答えた。

「これまでも安全・安心、法的・科学的なさまざまなチェックをしてきた。専門家会議も11日に休会していた会議を再開する。市場問題PTには多角的な報告書をまとめていただいた。それと、『6000億円も注ぎ込んだのだから早く移れよ』というような乱暴な意見も聞くが、さまざまな調査をみていると『豊洲移転もいいけど安全にしてからね』という意見が一番多い。その辺りの部分はまだちゃんと知らされていないことだと思う。こういったことを全部含めてどう判断するのか、そのための『アウフヘーベン』だと言った」

都民ファとして「ここはワンボイスでいくべきだろうと」

   一方、小池氏は地域政党「都民ファーストの会」代表としての立場でも記者会見し、都議会議員選挙(7月2日投開票)の争点として、市場問題に言及。

   都民ファーストの会は市場問題について「知事の意向を尊重する」という姿勢を取っているが、「白紙委任ではないか」「知事の意向を忖度(そんたく)しろということか」といった批判もある。この点を問われた小池代表は「都民ファーストの会で公認や推薦を受けた方々はいろいろ意見があると思うが、初陣にあたって、ここはワンボイスでいくべきだろうと。それぞれが『イエスだ』『ノーだ』となると、統制がとれていないことになる」と説明。移転は、専門家会議や市場問題PT会議の流れの中で「総合的な判断」をしていくという前述の考えを改めて述べた。

   その上で、「それぞれが意見を持ち、私に対しても候補者の方々はいろんな意見を言ってこられる。こういったことを含めて総合的な判断を下していく。その後にしっかりと対応しながら、今回の都議選ではそれぞれの地域で活動し、政策をそれぞれが一つ伝えていくということだと思う」と話した。

   「総合的な判断」を下した「その後」に都議選を戦うという点で、都議選前に市場問題の決断を下す可能性を示唆したとも取れる。また、都議選直前に市場問題についての判断を示すことで、選挙戦で都民ファに注目を集める戦略との見方もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中