先生酔って小6の家で大暴れ 太鼓ばちで殴りトイレ破壊、翌日授業で「停職」

印刷

   大阪市教育委員会は2017年6月8日、市立小学校の男性首席教諭(38)が小学6年生の男子生徒に対し「不適切な指導をした」という理由から停職3カ月にしたと発表したが、その「指導」があまりにも常軌を逸しているとネットで話題になっている。

   酔った教諭は午後10時頃に生徒宅を訪問し家に上がり込み、太鼓ゲームで使う木製のばちで生徒を30回ほどたたき、生徒が逃げ込んだトイレの扉を壊し、保護者に外へ出されると、約15分にわたり玄関の扉をたたき、インターホンを鳴らすなどした。こうした行為に駆り立てた原因は何だったのだろうか。

  • 太鼓ゲームのばちで30回叩いた(写真はイメージ)
    太鼓ゲームのばちで30回叩いた(写真はイメージ)

欠席生徒の登校を指導するため...

   J-CASTニュースが17年6月9日、大阪市教育委員会に取材したところ、5月12日の午後10時頃にこんなことが起こった。教諭は校長と同僚の3人で酒を飲んだ後に、担任をしている生徒の家に1人で向かった。その生徒はこの日学校を休んでいて、翌日は土曜授業の日のため、登校するよう指導するのが目的だったという。

   しかし、家に上がり込むと「指導」がエキサイトし、家にあった太鼓ゲームで使う木製のばちを持ち、生徒の背中や肩を30回ほどたたいて約1週間のけがをさせた。さらに家の中で生徒を追い回し、生徒がトイレに逃げ込むとそのトイレの扉を叩くなどして一部を破損させた。それを見かねた保護者が、「帰ってほしい」と教諭を外に出し扉を閉めると、約15分の間、玄関の扉をたたき、インターホンを鳴らすなどした。

教育委員会の調べに対し教諭は、

「酒に酔っていたため、訪問したことや、生徒に対する体罰などはよく覚えていない」

と説明しているという。

一方で、外に出された後に玄関の扉を叩いたりインターホンを鳴らしたことについては、

「生徒宅内で自分がした行為を直接謝りたかったから」

と語っているとしている。

「普通に刑事事件で逮捕されるべき案件だろが」

   生徒の保護者は、教諭が帰った後、すぐに知り合いの教諭に相談し、その教諭が翌日朝に起こったことを学校に報告した。学校は教育委員会に届け出たのだが、教諭の暴力行為を把握していたのにもかかわらず、13日の土曜授業をこの教諭に受け持たせた。暴力を受けた生徒はこの日も欠席した。そのため、教育委員会は校長(59)も管理監督責任を欠いたとし戒告処分にした。

「本人の証言ではもともと酒癖は悪くなく過去にこうしたことは無かった、と言っていますが、教職員として信じられない行動です。どうして夜遅くに生徒の家庭を訪問したのかについては分かっていません」

と担当者は話していた。

こうしたことについてネット上では、

「どんだけ叩くのが好きなんだよ」
「これ子供はトラウマもんやろ・・・トイレに逃げたら追いかけてきてドアガンガンやったんやろ?こえーよ」
「普通に刑事事件で逮捕されるべき案件だろが」

などといったことが掲示板に書き込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中